許可なく校内への立ち入りを 禁じます。○○○小学校長

許可なく
校内への立ち入りを禁じます。
○○○小学校長

と書いてあります。
「許可なく」は連用形なので、これは体言「立ち入り」にはかからず、用言「禁じます」にかかります。
「許可なき校内への立ち入りを禁じます」「許可なく校内へ立ち入ることを禁じます」ならよかったんですが。

昨日に引き続いて当店ブログ「日本語で書いている」からの転載です。
6年ほど前に書いたものですが、当時は「許可なく校内への立ち入りを禁じます」の「許可なく」は連用形であり、よってこの「許可なく」はこの文の後ろにある用言「禁じます」にだけかかる言葉である、と考えていました。
今でも基本的な考えは変わっていません。

3か月ほど前にあるコミュニティで同じような内容の発言をしたところ、「『立ち入り』は用言の名詞的用法なので文法的に正しい」旨の意見がありました。
それを聞いて自信がなくなり、そういう点からすると必ずしも間違いではないのかも知れないと考え直しました。
ただし、この「○○○小学校長」の「禁じます」についてはそこまで考えて作った文であるかどうかを疑問に感じている自分がいます。
そうは言っても看板の文字は書かれたものがすべてです。
文法上間違っていないとは言える。けれども誤解を受けるであろう文であるというのが今の私の考えです。
その誤解とは、ひとつには「許可なく校内への立ち入りを禁じます」の「許可なく」は連用形なので、体言「立ち入り」にはかからず、用言「禁じます」にのみかかると判断されるという誤解。
すなわち「校内への立ち入りを禁じます。禁じることそのものの許可は得ていません」と言っているのではないかという誤解です。
いまひとつは、「『立ち入り』は用言の名詞的用法なので文法的に正しい」として確かにこの文を書いたのかどうかが不明であるという誤解です。これは読んだだけでは決してわかりません。
そして紛らわしい、美しくない文であることに変わりはありません。

「許可なく校内への立ち入りを禁じます。ただし『許可なく』はあくまで『立ち入り』にかかり、決して『禁じます』にかかるものではありません。○○○小学校長」というような、誰にでも分かる、間違った理解のされ方を排除した文を書くことはもちろん可能ですが、普通そんなことはしません。
やはりここは「許可なき校内への立ち入りを禁じます」あるいは「許可なく校内へ立ち入ることを禁じます」と書けば最初の文と比較してそう長くもならずに済み、用件をきちんと伝えていると考えますがいかがでしょうか。

ちなみに聞いた話ですが、西淀川区内のある中学校で体育大会が行われた際、校長が開会時のあいさつでこの行事を「たいいくだいかい」「たいいくだいかい」と繰り返し繰り返し呼称していたと聞きます。
「せめて行事名くらいはきちんと言ってもらいたかった」というその人の話を思い出してしまいました。

町会長の許可無く掲示を禁止します


町会長の許可無く掲示を禁止します
掲示板に書かれた文字です。
「許可無く」は連用形なので、体言「掲示」にはかからず、用言「禁止します」にかかります。
「町会長の許可なき掲示を禁止します」「町会長の許可なく掲示することを禁止します」ならよかったんですが。

日本語で書いている」という当店ブログからの転載です。
「町会長の許可無く掲示を禁止します」を書かれてある文の文字通りに受け取ると、「(ここに)掲示することを禁止します。この禁止自体に町会長の許可は無い」になってしまいます。
言いたいことはそうではなく、「町会長の許可がない掲示を禁止します」なのは常識から明白なはずですが、「この掲示板に何かを掲示することは誰にも出来ません。なぜなら『(これは掲示板だが)掲示を禁止します。禁止そのものについて町会長の許可は無い』という無茶なことを書いているではありませんか。そうとられても仕方ありませんよね」というような揚げ足を取るかのような意見も、言おうと思えば言えてしまいます。
「町会長の許可無く掲示を禁止します」の文面は、「掲示を禁止された掲示板」「誰も掲示出来ない掲示板」というおよそ世の中には不要であるものを作ってしまい、これを設置した看板屋と掲示板を扱う会社は売上を上げてうれしがるという事態を招くわけです。
『「許可無く」は連用形なので、体言「掲示」にはかからず、用言「禁止します」にかかります』という意見を覆せそうなものは「そんなん常識でわかるやんか」くらいしかありません。

私なら「町会長の許可無く掲示を禁止します」ではなく、「町会長の許可なき掲示を禁止します」または「町会長の許可なく掲示することを禁止します」あるいはもっとやわらかく「町会長の許可がない掲示を禁止します」などに変えるよう助言したと思います。

この写真には大阪市西淀川区のゆるキャラ「にーよん」が写っているので、西淀川区内の掲示板でしょうか。3年前に書いたものなのでどこで撮ったのかは失念しております。
もしかして同業者から「くだらんことを書くな」というクレームが来るかも知れませんが、その時にはまたここに書くことにします。

「にーよん」と言えば昨年11月に「みてアート2017(御幣島芸術祭)」で、「もと歌島橋バスターミナル」で間近で見る機会がありました。
「中の人」になることも出来たのだと後で知って、とても残念に思いました。今年も参加することになれば、ぜひ「にーよん」の中の人になってみたいと思います。

「みてアート2017(御幣島芸術祭)」には協賛企業としても参加しました。
具体的には、西淀川区の公用車のガラスに「みてアート2017」のステッカーを貼る作業でした。
一枚目の写真の奥には当店の営業車が写ってしまっています。

「めし」看板 インパクトのある文面2

昨年10月に施工した自立看板のことを書きます。
施主は高槻市で食堂を営む男性。駐車場に設置した看板が古くなったので書き替えて欲しいというご依頼でした(出来島にある酒屋さんの紹介です)。
打ち合わせのために出向いていくと、電話で「大きい看板です」と聞いていたのである程度予想していましたが、確かに大きな看板です。
看板面の幅が6.3メートル、同じく高さが2.7メートルありました。
白いカラー鋼板に赤で「めし」と大書され、その下に食堂名が黒文字で、そしてそれを挟んで駐車場を表す「P」の白抜き文字がふたつ書いてあります。

大きさについて
「め」W1570xH1450
「し」W1850xW1450
「富」W790×H790
「士」W645×H680
「P(長方形)」 W1000×H680
という採寸結果でした。

平成になって今年で30年目。来年は元号が代わってしまうという年に、まさか手書きで「めし」という文字を書くことになるとは思いもしませんでした。
と言って「めし」を馬鹿にしているわけではありません。
希少な文字になった。昔はこれでごく普通だったのに、今ではインパクトのある言葉として目に入ってしまう。
そんな時の流れをしみじみと感じたわけです。

施主に話を聞くとお客さんはやはりトラックやタクシーのドライバーが多いとのこと。
私も作業着で行くのならあまり周囲に気を使わなくても構わないこういった店を選びます。
逆に女性向でないのは仕方ありません。

さて、完成した「めし」看板です。

看板は全体を白く塗装して「めし」の部分はそのまま書いてあるとおりに上からなぞり書きしました。
赤い色はややどぎつい印象を受けるかも知れないのですが、耐候性が大変良い塗料を使用したものです。
また、青地に「P」の字もそのままなぞり書きしています。
店名の「富士」は左に寄りすぎている状態なので位置を中央に変え、若干細くしてみました。
元の字も大変良いのですが、少し太いような気がしたので修正を加えております。

古い看板でしたのでカラー鋼板の所々に穴が開いており、それらを補修しました。
あと十年は余裕で頑張ってくれることでしょう。
次回また書き替えというのはなかなかないでしょうが、それでも期待しております。

大きな看板以外にも「めし」看板がありました。
こちらは袖看板です。

手書きで書かれていたのですが、赤い色が薄くなっていたのでなぞり書きしました。

どちらの「めし」も印象深くつまり忘れがたいので、近くまで行った際には見に行くことにします。

インパクトのある文面1

「インパクトのある文面」というカテゴリーを新たに作ってしまいました。
忘れえぬ「インパクトのある文面」を少し紹介します。

最初は数年前実際に作った看板のテキストです。

「お願い 
今後当墓地内へ勝手に墓石を建てないようお願い致します。
例え小さな場所があっても、当墓地委員会の許可を得て建立して下さい。
帰る時には必ず閉めて下さい。
○○○○墓地委員会
委員長 ○○○」

実はこの看板は2代目で、文面が全く同じ初代看板はこの2代目を受注した時に当店で廃棄処分しています。
依頼してきた墓地委員会の方にお話を聞くとやはりそういう人がいたので作ったのだと。
およそ必要のない看板は作られません。