ゴーカート感現象

シェアする

看板と少しだけ関係のある話題です。

私が普段運転しているクルマは軽のワンボックスカー(ミッション式)です。
そしてたまに高所作業車をレンタルで使用する時には、そのレンタル会社の駐車場まで自分の軽四輪で行き、高所作業車に乗り換えるということをします。
乗って行った軽のワンボックスはそこに置いておきます。
普段軽自動車ばかりに乗っていると、高所作業車を運転した時には、かなり大きな車輌に乗った気がします。
借りる作業車はいわゆるミッション式で、たいていクラッチのやや重い、クラッチペダルの「踏みしろ」の多いものになります。
そして工事が終わり、その高所作業車を返しに行って自分のクルマに乗り換えると、いつも乗っている自分のクルマのはずなのですが、最初はとても違和感があります。

さっきまで運転していた作業車に比べて運転席の位置が低くなり、先に書いたようにクラッチが軽くなります。
またそのクラッチの「踏みしろ」がやたら短く感じられ、ハンドルも小さくかつ軽くなった気がします。
普段乗っているクルマなのですが、なんだか遊園地のゴーカートに乗っている気分になってしまうのです。
この「いつも乗っているクルマに乗るのだけれども、大きな車輌を運転したすぐ後だとまるでゴーカートに乗ったような感覚になる」というのは、高所作業車から軽自動車に乗り換えるたび、毎回毎回起こります。

10年以上前にこういった感覚に陥ってしまうことに気づきましたが、多分他の人もそうなんだろうくらいにしか感じていませんでした。
2年ほど前地方に出張した際、同行したお客さんにその「ゴーカート感」のことを話してみると「僕もそうですよ」という意見を聞き、「やはりそうなんだな」と自分だけではないことが分かり少し安心しました。

毎回正確に計っているわけではないのですが、私の場合この「ゴーカート感」は大きなクルマから小さな自分のクルマに乗り換えて運転し始めてからだいたい5~6分でなくなります。
当店からいつも高所作業車をレンタルする会社までは自分のクルマで15分ほどなので、店に戻る頃にはすっかり感覚は戻っています。

普段小さなクルマに乗っている者が一時的に大きなクルマに半日ほど乗った後再び自分のクルマに乗るとかなり小さなクルマに乗った感覚になる、まるで遊園地のゴーカートに乗っているようだと感じられることについて書きました。
こうなると、逆に普段ダンプカーやトレーラーを運転している人が半日ほど軽自動車などの小さなクルマに乗り、また自分のダンプ等に乗った際に違和感を覚えたりはしないのか、という疑問が湧いてきます。
機会があればそういう環境の方に訊いてみることにします。