縦に長い看板に書く英文は「書き上げ」か「書き下げ」で

シェアする

横に比べて縦方向が長い看板に英文を書く場合、具体的にどうすればよいのか、ということを考えてみます。

看板の縦横の比が4:1として、当店の屋号「Kuroji Kanban」を例にして描画します。
まずは横書き。
Kuroji Kanban 横書き
すみません、文字が小さくてほとんど見えないです。それくらい文字が小さくなってしまいます。
しかし英文(実際はローマ字ですが)を普通に横書きするとこういう極端に小さな文字になるのです。これだけだと余白だらけで困ったことになります。
2行にしてこれくらいの大きさにすればなんとか見えます。
Kuroji Kanban 横書き2

縦書きにするとこうです。
Kuroji Kanban 縦書き
やっぱりアルファベットの縦書きは変です。お勧め出来ません。

文字を90度回転させて下から上に書く(書き上げ)とこうです。
Kuroji Kanban 縦書き

上から下に書く(書き下げ)とこうなります。
Kuroji Kanban 縦書き

文字の大きさで判断してはいけないのかも知れませんが、このような縦に長い看板の場合は「書き上げ」か「書き下げ」が適していると考えます。