表記一覧

NO IMAGE

自画自賛する社名

「名門」 昨日クルマで出かけた際、ラジオを聞いていたら「名門大洋フェリー」のCMが流れてきました。 社名に「名門」を付けるのはちょっと勇気...

電話番号のマーク

看板には電話番号をよく書きます。 そしてその数字が電話番号であることを記すのに、番号の前には「電話」「TEL」と書いたりします。 また、それら文字の代わりにマークを使うことも最近は多くなってきました。 その電話番号のマークについて書きます。

「おおひらき おおびらき」のその後

大阪市福島区にある町名・交叉点名を記した看板です。 漢字表記は同じ「大開」ですが、交叉点に付けられた看板には「おおひらき」、 案内の看板には「おおびらき」とあります。 行政の管轄が違う為に表記ではなく読みが違っている珍しい例です。

許可なく校内への立ち入りを 禁じます。○○○小学校長

「許可なく 校内への立ち入りを禁じます。 ○○○小学校長」 と書いてあります。 「許可なく」は連用形なので、これは体言「立ち入り」にはかからず、用言「禁じます」にかかります。 「許可なき校内への立ち入りを禁じます」「許可なく校内へ立ち入ることを禁じます」ならよかったんですが。

看板屋の看板

看板屋の看板について書きます。当店につけている大きな看板にどうして「カンバン」とだけあるのか。一般的に看板屋は「カンバン」「看板」の字を前面に押し出し、店名・社名は二の次にしています。その理由について記述していきます。

出来島小学校の「来」の字

以前の店舗は大阪市西淀川区大和田にありました。現在は同区出来島2丁目です。 店の目の前には出来島小学校という大阪市立の小学校があります。 実は私の母校でもあるのですが、門のところにある石に彫った校名の字が学校で習う字と少し違っているです。