マスキングテープのホルダー

シェアする

店内で作業する時には、よく使うものは当然取り出しやすい場所に置いておきます。その中で使用するマスキングテープをすぐに取り出すことが出来るようにといろいろ工夫したりしています。

  • 釘を作業台の側面に打ち、そこに引っかける方法。→すぐに取り出せるが、出ている釘が少し危ない。
  • テープの内径が25ミリのものが多いので、パック入り日本酒(1.8リットル入りのもの等)のフタ(外径22ミリくらい)に穴を明け作業台にネジで止めて、それをホルダーにする→取り出しやすいが、引っかかりが浅くなるせいか、意図せずに触れた時に落ちたりする。
  • 日本酒パックのフタの代わりに外径がほぼ同じ寸法であるジューC( カバヤ食品の清涼菓子)の容器を短く切って穴を明けて作業台に付け、そこにマスキングテープをセットする。→ジューCの容器を切ったりするのが少し面倒だった。でも日本酒パックのフタより長く出来るのであまり落ちない。

と、最初はなかなかうまく行きませんでしたが、カバヤジューCの容器は結構イイです。

これと似たやり方で、カッティングシートの紙管を固定する樹脂製のパーツ(紙管キャップ)をガムテープのホルダーにしたりしています。
こちらもなかなか使い勝手がいいですよ。