シンナーの味

シェアする

唐突ですが。
今日ファミリーレストランでランチを食べた際、「これは、シンナーの味だな」と感じてしまいました。
具体的に何を「シンナーの味」だと認識したのかは分からなかったのですが、その時に食べていた野菜か果物、またはサラダのドレッシングのうちいずれかでした。
勿論シンナーを飲んだりしたことはありません。誤って口に入れたことも経験していません。
ただ、仕事で使用するシンナーの匂いと今日昼に食べた何かの味がまさに同じであると感じられたのでした。
そのことを忘れないようにメモしておき、自宅に戻ってから調べていると、複数の人がメロンを食べた時にシンナーの味であると感じているというのが分かりました。
昼に食べたものの中にメロンは多分入っていなかったはずですが、似た味の果物があったのかも知れません。
そう言えばメロンを食べた後に、これはシンナーの味がすると感じることは時々ありました。
それを言語化してメモにし、後で調べることにより「メロンの後味はシンナーの味と感じられる」と理解出来たのです。
(塗料)シンナーは身近にあったので、多分子どもの頃からそれは何度も感じていたはずですが、今日初めて言葉にしてあらためて納得することが出来ました。
小さなメモ用紙に感謝です。


「シンナーの味」の正体は「酢酸エチル」という物質のようです。
よく知られていることのようなので、記事を書いたのが恥ずかしくなってしまいました。(2018年10月21日追記)