モリタ電装広告社

前代表の父(森田三郎)が看板屋になったのは、実は長兄が先に看板屋になっていて誘われたからでした。
後年父の長兄(私から見て伯父になります)が独立して看板屋を開いたのが大阪市福島区吉野にあったモリタ電装広告社でした。
随分前に伯父は亡くなっていますが、まだ店舗がある時に撮った写真です。

「看板の字を見ただけで兄貴の字ならすぐにわかる」と父がよく言っていました。
手書き看板の文字というのはそういうものなのでしょう。

ちなみに私は父の書いた看板文字はたいていわかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です