「大和田西」交差点

シェアする

当店から歩いて行けるほどの近い距離にある「大和田西」という名称の交差点について話題にします。

国道43号線と淀川通が交わる交差点で、交通量はかなり多いです。
この「大和田西」交差点があるのは、実は西淀川区大野で、一番近い大和田6丁目まででも200メートルほどあります。
交差点のある場所が大和田であったのはおそらく一度もありません。
ではどういう理由で「大和田西」になったのか。
昔、大和田川という河川がこの交差点のある場所のすぐそばを流れていて、大和田橋という橋がかかっていました(市バスの停留所に「大和田橋」という名称がごく最近まで使われていました)。
ちょうど「大和田西」交差点はかつての「大和田橋」の南詰といったところです。
「大和田橋」がよく知られた地点であるので、そこから「大和田」を取ってきて、しかし橋はもうないので「大和田西」にした。
かなり無理がある説明のようですが、意外とこんなところかも、と感じています。