使い回しされる看板(大阪制作の朝ドラ)11

シェアする

朝ドラのセットで使い回しされたと思われる看板についての話です。

現在放送中の朝ドラ『スカーレット』第22回から。
ヒロイン喜美子の後姿を見送る父常治(の後姿)。
朝ドラ『スカーレット』第22回から

右下に見える「つがみや」のA型看板と酷似したものが『まんぷく』にありました。
朝ドラ『スカーレット』第22回から

『まんぷく』第45回からです。「淸香軒」のA型看板です。

朝ドラ『まんぷく』第45回から
朝ドラ『まんぷく』第45回から

形状と大きさ、縦横比、内側に見える補強材のあり方を比較すると、『まんぷく』「淸香軒」の看板を『スカーレット』「つがみや」看板に再利用したのではないかと想像されます。
もちろん書かれている内容は全く異なります。
ですので、このA型看板に限らず、私が使い回しを指摘する全ての看板について、「同じ仕様の看板が複数ある」、あるいは「同じ仕様で看板を製作し、不要になった時点で廃棄している」ということも当然ありえます。
本当のところはドラマを実際に制作されている現場の方に訊かないと分からないことですが、あれこれ考えているだけで結構楽しめていたりするのです。