大阪市西淀川区姫里の読み方

シェアする

地元ネタです。

大阪市西淀川区姫里という地名があります。
読み方は「ひめさと」が一般的で、街角に貼られている住所表示板を見るとやはり「Himesato」になっています。
例外的に「HIMEZATO」と看板に記されたマンションが一件確認出来ました。
また、姫之里公園という公園が同町にありますが、読み方はおそらく「ひめのさと」なのでしょう。
そして大阪市立姫里小学校の校歌

  • 「我等は伸びる 姫の里」(1番)
  • 「我等は育つ 姫の里」(2番)
  • 「我等は学ぶ 姫の里」(3番)
  • 「我等の誇り 姫の里」(4番)

とあるので、姫里小学校そのものを「ひめのさとしょうがっこう」と呼ぶ人も実際にいました。

この姫里町ですが、髙村薫の小説「神の火」と「李歐」の2作品に登場しています。
私は「神の火」は読んだのですが、「李歐」はまだなのでそのうちに読んでみたいと考えています。
少なくとも姫里が出てくるところだけでも、とか書くと作者やファンに失礼かな。

それにしても姫里ってとても可愛らしい地名です。
最近まで戸建てやマンションがよく新築で売りに出されていましたが、やはり地名が可愛いというのは購入者にとっては嬉しいものなのでしょうね。