行けなかった社葬

シェアする

トップページの「お知らせ」に書きましたが、今週からしばらくの間ひとつの現場にずっと行くことになります。

先日取引先企業の社長が亡くなられ、今日大阪市内で合同葬が営まれたのですが、現場を優先してしまいお別れが出来ず申し訳ない気持ちで一杯でした。
永年当店をご贔屓にして下さっている会社の社長の葬儀なのだから無理をしても行くべきであったのではないかと少々後悔することも。
葬儀のことを現場へ連日応援に来てくれている業者に言うと、「その人知ってるで」と。
意外にもその業者は小中と亡くなられた社長と同級で知っているとのことでした。
卒業後の係わりあいや、現在とは違う場所でその取引先企業は事業を営んでいたこと等を聞くと、プライベートな話をすることはなかった社長がとても身近に感じられ、少しだけ気持ちが晴れてしまいました。

ご冥福をお祈りします。