「家具の北村屋」看板(大阪制作の朝ドラ)

シェアする

ドラマのセットで使われる看板に関する短い記事です。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回から。自宅の横にある空き地を走っていくひなたです。奥の看板にご注目を。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回から
看板部分を切り取ります。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回から「家具の北村屋」平看板
看板には、「家具の北村屋」と書いてあるようです。下の白い字はほとんど読めません。

この看板は、朝ドラ『まんぷく』で東京の品崎商店街の中にありました。奥に「北村屋」と少しだけ見えています(『まんぷく』第69回から)。
『まんぷく』第69回から

一方、これと極めてよく似た名称の「北村の家具」と書かれた看板が、『ちりとてちん』で使われていました(朝ドラ『ちりとてちん』第75回から。少年ギャグサーカスのポスターもちらっと映っています)。
朝ドラ『ちりとてちん』第75回から
「家具の北村屋」とは全くの別会社であると思われるのですが、「北村の家具」「家具の北村屋」と書かれた看板を見ると、どうしても関西にかつてあった「インテルナきたむら」を連想してしまいます。

テレビコマーシャルもあり、その中で歌われていた「インテルナ~きたむら~」を思い出す関西人も多いはず。

未確認ですが、2001年頃に倒産したとのことで、大阪制作の朝ドラで「家具+北村」の看板が複数作られたのは、「インテルナきたむら」へのオマージュなのではないかと思うわけです。同意見の方もきっと多いはず。

「家具の北村屋」の看板が他のNHKドラマで使われているのを確認した際には追記します。


追記です。
「家具の北村屋」看板ですが、『カムカムエヴリバディ』では大阪の「道頓堀横丁」にも設置されていたようです。画像は第53回から。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第53回から

横長の平看板の最下部がちらっと見えているだけで、文字は全然ありません。それでも左下に「御婚礼セット/寿/承ります」の看板があるので、この店舗は家具店であろうと思われ、これほど似た色をした家具店の看板は「家具の北村屋」の他にないだろうと考えるのです。

ちなみに、建物は京都のセットで荒物店「あかにし」として使われるもの。『舞いあがれ!』ではヒロイン舞の自宅横にある不動産を扱う事業所のようです(『舞いあがれ!』第3回から)。
朝ドラ『舞いあがれ!』第3回から
『カムカムエヴリバディ』の荒物店「あかにし」の建物はこちら(↓第61回から)。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第61回から

(2022年10月25日追記)