整地ローラーの重量計算

シェアする

先日偶然見つけた「こんだら」こと「整地ローラー」。
いったいどれくらいの重さなんだろうと思い、計算するために採寸してみました。

整地ローラー・「日本コンダラ製鉄株式会社」は架空の会社です。
もしかして大きな円筒形の中全体が鋼鉄で出来ていると思っている人がいるかも知れませんが、中は空洞(のはず)です。
ローラー部の鉄板の厚みは3.2ミリで、幅は915ミリ。直径は鉄板の中心を基準にすると585ミリでした。
軸(ローラーの中心を貫いている丸棒)は直径60ミリ・長さ1035ミリ。
取っ手の丸棒は直径16ミリ・長さは全部で3800ありました。
5つある小さなパイプ(直径76.3ミリの規格品)は厚み3.2ミリで長さはそれぞれ53、65、43、58、43なので合計262ミリ。
円周率を3.14、鋼鉄の比重を7.85で計算すると、ざっと90キロと出ました。
中は空洞のはずですが、結構な重量があります。

これが仮に中身が全部鋼鉄で出来たものだとしたら。
一応計算してみると約1900キロとなりました。
これは人力ではちょっと動かせないでしょう。何人かで引っ張れば少しくらい動くのかも知れませんが、実用性はないものと考えなければなりません。

「こんだら」こと整地ローラーの重さはだいたい90キロ。
中身はやはり空洞です。