使い回しされる額(大阪制作の朝ドラ)

シェアする

朝ドラの小道具に関するごく短い話です。

『まんぷく』第81回からの画像です。「織田島製作所」内にあるこの額が以前から気になっていました。
朝ドラ『まんぷく』第81回から
朝ドラ『まんぷく』第81回から

どう読むのか、書道の心得はほとんどないのでちょっと困っておりますが、おそらく漢字一文字でありましょう。

同じ額が『カーネーション』にありました(第24回から)。
朝ドラ『カーネーション』第24回から
朝ドラ『カーネーション』第24回から

大きな字は「守」に見えますが、どうでしょうか?
そして、いかにも和風というイメージのこの額はやっぱり同じものに見えます。
使い回しされた額縁と見て間違いありません。


『べっぴんさん』でも使われていました(第13回から)。ヒロインさくらの祖母・トク子(中村玉緒さん)と伯父・坂東長太郎(本田博太郎さん)の間にあります。場所は近江の家。
朝ドラ『べっぴんさん』第13回から
朝ドラ『べっぴんさん』第13回から

また、『ごちそうさん』でも(第74回から)。正蔵が一人で住む家です。やって来たのは、正蔵が銅山で働いていた時の部下。
朝ドラ『ごちそうさん』第74回から
朝ドラ『ごちそうさん』第74回から

こうして並べてみると、同じ額が複数の朝ドラで使われているのが分かり、とても興味深いです。

(2021年4月25日追記)