使い回しされる看板(大阪制作の朝ドラ)13

シェアする

NHK大阪放送局で制作された朝ドラのセットで使い回しされたと思われる看板についてのごく短い話です。

『まんぷく』98回からの画像です。「歯車坂時計店」の置看板にご注目下さい。
『まんぷく』第98回から

同じく『まんぷく』第80回からの画像。ブレた&全体が写っていない画像しか得られず大変恐縮です。
『まんぷく』第80回から
『まんぷく』第80回から

この置看板は『カーネーション』で使用されていたものと非常によく似ています(『カーネーション』第98回から)。
『カーネーション』第98回から
「BAR 纏 MATOI」と書かれた置看板です。両者を比較してみます。
『カーネーション』第98回から「BAR 纏 MATOI」置看板

『まんぷく』第98回から「歯車坂時計店」置看板

「歯車坂時計店」の置看板は足元が見えないものの、両者の唐草模様の飾りがとてもよく似ており、同一の看板であることを思わせます。
ちなみに「歯車坂」のネーミングは今風で面白いなと感じる次第。


現在放送中の朝ドラ『スカーレット』の第107回で、同一の看板らしきものを発見してしまいました。「陶芸家 川原喜美子展 ~自然釉の輝き~」(会期1973年10月11日(木)→10月23日(火))の会場横です。
朝ドラ『スカーレット』第107回から

この看板です。かなり小さくて分かりづらいですね。
「三栄亭」置看板

画像修正ソフトで明るくしてみました。縦横の比率や唐草模様、台座の大きさ等から同じ看板であると思われます。
「三栄亭」置看板