「洋食 紅葉軒」看板(朝ドラ『カムカムエヴリバディ』)

シェアする

ドラマのセットで使用された看板に関する短い記事です。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4回から。1939年(昭和14年)の岡山市内です。奥にある「喫茶」「洋食」の暖簾がある店の看板にご注目を。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4回から

看板部分を切り取りました。下の3分の1くらいしか見えていないので、何と書かれているかを知るには、想像で補わないといけません。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4回から「洋食 紅葉軒」平看板

右から左への横書きで、黄色い看板は「洋食」。中央の3文字は店名で「〇〇軒」だと当たりをつけられそうです。「紅〇軒」だろうと想像するのですが、この色使いで構成された看板が過去の朝ドラで使用されていたのを思い出しました。

朝ドラ『おちょやん』第83回の静止画像です。昭和19年(1944年)の大阪・道頓堀。左にある2階部分が緑色をした建物の看板が同じものなのでした。
朝ドラ『おちょやん』第83回から
看板の部分を切り取って補正します。
朝ドラ『おちょやん』第83回から
『おちょやん』の世界にあったのは「洋食 紅葉軒」で、その看板を『カムカムエヴリバディ』でも使用したということです。建物の色は似ているものの違っていて、『カムカム』では看板のみが再登場となりました(『カムカム』の「洋食 紅葉軒」看板を再掲)。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4回から「洋食 紅葉軒」平看板

「洋食 紅葉軒」の組平看板が他のドラマで使用さいるのが確認出来れば追記します。