闇市の「三宅書店」看板(朝ドラ『エール』)

シェアする

ドラマのセットで使用された看板に関するマイナーな話です。

朝ドラ『エール』第93回から。闇市のラーメン店です。店主(演:山中崇さん)の後ろに見えている看板にご注目ください。朝ドラ『エール』第93回から

同じ看板が去年放送された『なつぞら』で小さく映っていました(第16回から)。
朝ドラ『なつぞら』第16回

1955年(昭和30年)の帯広の街という設定です。『エール』の闇市にある看板と同一のものだと思われます。

木製の看板には、「三宅書店」と書かれています。
書体は隷書のようですね。

以上、朝ドラの看板に関する超絶マイナーな話でした。


『エール』第96回で、かなり分かりやすい映像がありました。書体は隷書ではなく、丸ゴシックですね。