1942年の創英角ポップ体(朝ドラ『カーネーション』)

シェアする

ドラマの小道具で使用されたフォントの話です。

『カーネーション』第57回
上は朝ドラ『カーネーション』第57回からの画像です。時代は1942年(昭和17年)、場所は大阪市内の百貨店という設定です。

左にある南池銀行千日前支店の看板は全体的にレトロの雰囲気がただよう文字で書かれていますが、下に右から左への横書きで書かれている「電話千日前二五三五番」の部分は、Windowsに標準で入っていた創英角ポップ体で書かれているように見えます。

(A型)看板部分を切り取りました。
『カーネーション』第57回から南池銀行千日前支店A型看板

創英角ポップ体を用いて下に黒色で書いてみます。
『カーネーション』第57回から南池銀行千日前支店A型看板

看板の文字部分が小さく、細かい部分までは見えないので、絶対に間違いないとは言い切ることが出来ません。それぞれの文字がとても似ているように見えるので、おそらく創英角ポップ体であろう、というところです。
「千日前支店」の文字もそれっぽいのですが、ここは違うフォントでした。