沖縄料理店「あまゆ」の向かいにある建物(朝ドラ『ちむどんどん』)

シェアする

ドラマのセットに関するマニア向けの記事です。

朝ドラ『ちむどんどん』第32回から。横浜・鶴見ハイサイ通りにある沖縄料理店「あまゆ」から出て来た平良三郎(片岡鶴太郎さん)とその妻多江(長野里美さん)です。ヒロイン暢子(黒島結菜さん)は左に立っています。奥のドアの形状にご注目を。
朝ドラ『ちむどんどん』第32回から
そして暢子が勤める、東京・銀座のイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」店内から外を撮ったもの。昼の開店時です(『ちむどんどん』第32回から)。こちらも奥のドアにご注目ください。
朝ドラ『ちむどんどん』第31回から

ドアそのものは、『ゲゲゲの女房』の純喫茶「再会」、『半分、青い。』の百円ショップ「大納言」、同じく喫茶「ともしび」等に使われてきたということがあり、同じドラマの中で使い回しされるとしても特に驚くことではないなと感じます。

朝ドラのセットで使用されたドアに関する記事です。 朝ドラ『半分、青い。』第84回及び第108回から。100円ショップ「大納言」の控室です。...

「あ」と思ったのは、「もしかするとあまゆはアッラ・フォンターナの向かいにあるのでは?」という、ちょっとありえそうにない建物の配置があるかもと感じたからです。

両者を比較する為の「アッラ・フォンターナ」の画像は第27回から。三郎が就職先を紹介するということで、暢子を「アッラ・フォンターナ」へ連れて行く場面です。朝ドラ『ちむどんどん』第26回から
落ち着いた佇まいで、高級イタリア料理店の風情を感じます。

「あまゆ」の方は、番組公式ホームページのフォトギャラリー第7週から画像をお借りします。
朝ドラ『ちむどんどん』番組公式ホームページ・フォトギャラリーから
コンクリートの屋根やそれを支える鋼鉄製の柱が何本もあり、いかにも下町といった雰囲気。庶民的です。
しかしこれらは共通の建物セットを使っているようなのです。喫茶・軽食「ハイビスカス」のドアと周りの外壁部分は、「アッラ・フォンターナ」の手前(左側)にある建物のそれらと同一に見えます。

そして、別の放送回(第29回)で鶴見ハイサイ通りが映った一場面から。
朝ドラ『ちむどんどん』第29回から
朝ドラ『ちむどんどん』第29回から
高級ビール「新コマーノ」の看板がある凹んだところが「アッラ・フォンターナ」のドアのある場所なのだろうなと思われるのです。店の名は「めんそーれ」でしょうか。
柱の向こう側にある窓を切り取ります。
朝ドラ『ちむどんどん』第29回から
他方、「アッラ・フォンターナ」(そば)の窓。
朝ドラ『ちむどんどん』第27回から
激似というより、同一の窓だと考えた方がよいでしょう。

双方の雰囲気は全然違っています。実に「まさかや~!」なのですが、東京・銀座と横浜・鶴見ハイサイ通りは共通のセットが使われていて、「アッラ・フォンターナ」(の建物)は、「あまゆ」(の建物)の向かいにあるのです。
気づいたので書いてしまいました。


追記です。

「あまゆ」の建物は、別の建物に一旦変身しています。3枚の画像は第41回から。「アッラ・フォンターナ」のオーナー房子に命じられて別の飲食店の立て直しに取り掛かる暢子です。ドアがそのまま映っているので分かってしまいました。朝ドラ『ちむどんどん』第41回から
朝ドラ『ちむどんどん』第41回から
朝ドラ『ちむどんどん』第41回から

「あまゆ」は下宿「横羽荘」に変身していたのでした。「あまゆ」と雰囲気は似ていますが、別の場所という設定です。こちらは比較的分かりやすいかも。

こうして建物の使い回しをすること自体に、私は否定的な立場ではありません。
制作スタッフのされる工夫やご苦労を想像すると、書いてしまってよいのか迷うことも多いですが、気づいたからにはやはり書きたいので書いてしまっています。
そして、それを見て番組をより楽しんで観る方が多くなればいいな、と思っております。

(2022年6月7日追記)


「あまゆ」は、さらに別の建物2軒に転用されています。

まず、暢子の兄・賢秀(竜星涼さん)が住み込みで(?)働く「猪野養豚場」(画像は第46回から)。
朝ドラ『ちむどんどん』第46回から
そして暢子の妹・歌子が勤める「普久原運輸」の事務所です(第41回から)。
朝ドラ『ちむどんどん』第41回から
入口の場所が異なっているのですが、通りに面して一番左に位置している窓(角の手前)が全く同じなのでまず間違いありません。

両社と比較する為の「あまゆ」の画像です(第31回から)。
朝ドラ『ちむどんどん』第31回から
見れば見るほど、です。

ということは、今のところ、

  • あまゆ
  • (アッラ・フォンターナの向かいの建物)
  • 横羽荘
  • 猪野養豚場
  • 普久原運輸

の5軒で共通の建物セットが使用されているということになります。これってスゴいことなのではないでしょうか。

中の様子が映っているのは「あまゆ」「猪野養豚場」「普久原運輸」だけですが、それぞれ異なっていて(猪野養豚場と普久原運輸はかなり似ています)、いったいどういう風に撮影をなさっているのか、部外者にはさっぱり分かりません。

「あまゆ」と共通のセットを使った別の商店等が、あとひとつくらいは登場しそうな予感がするので、その際にも追記します。

(2022年6月15日追記)