「ビタカロン」看板(大阪制作の朝ドラ)

シェアする

ドラマのセットで使用される看板に関する記事です。

大阪放送局で制作される朝ドラで、「ビタカロン」の看板はメジャーな部類に入るのだと思っております。
現在放送中の『おちょやん』でも使われましたし、ひとつ前の『スカーレット』、さらにひとつ前の朝ドラ『まんぷく』でも使われていて、「ビタカロン」の看板は言わば定番のようになっています。
朝ドラ『おちょやん』第20回から
(↑『おちょやん』第20回から↓)
朝ドラ『おちょやん』第20回から「ビタカロン」看板
看板には、
「榮養失調症に
ビタカロン」
と書いてあります。

朝ドラ『スカーレット』第22回から
(↑『スカーレット』第22回から)

朝ドラ『まんぷく』第8回から
(↑『まんぷく』第8回から)

「ビタカロン」の看板がいつ頃から使われだしたのかは分からないのですが、大阪制作の朝ドラ『純ちゃんの応援歌』(1988年/昭和63年度下半期)で使われていたのが確認出来ました(第18回から。左はヒロイン純子を演じる山口智子さん。右は幼少期の雄太)。
朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第18回から
朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第18回から
朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第18回から「ビタカロン」看板
真ん中の汚れている部分がとても似ていて、「もしかすると同じ1枚の看板なのかも」と思ってしまいます。実際のところは分からないのですが。