「マー」(ムー)

シェアする

朝ドラの小道具として使われる雑誌についての短い記事です。

『スカーレット』第21週の予告編からの画像です(第120回放送)。
朝ドラ『スカーレット』第21週の予告編(第120回放送)
朝ドラ『スカーレット』第21週の予告編(第120回放送)
場所は「喫茶サニー」の店内。「この雑誌は知っている」と感じる人も多いはず。
朝ドラ『スカーレット』第21週の予告編(第120回放送) 朝ドラ『スカーレット』第21週の予告編(第120回放送)

しかし「ムー」ではなく、「マー」なのですね。検索したら、似た画像がたくさん出てきました。朝ドラでは多分初めてとなるのでしょう、たぶん。


第21週、月曜日の放送で早くも「マー」が出て来ています。
朝ドラ『スカーレット』第121回から
少々見づらいので切り取ります。
朝ドラ『スカーレット』第121回から「マー」

「やっぱりムーだ」と、昭和生まれのオジさん達の喜ぶ様子が目に浮かぶようです(笑)。


第21週の土曜日の放送ではかなり大きく写っていました。
朝ドラ『スカーレット』第126回

名前だけでなく、文字も非常に似せて作っているのが泣かせます。「ムー」の「ム」を時計回りに120度回転させた後に左右反転すれば、この「マー」の「マ」に近い形になるのでしょう。
また、雑誌の体裁も同じものかと見紛うばかりの出来ばえで、小道具への力の入れようが実によく伝わって来るわけです。オッサンはウレシイ!
(2020年2月29日追記)