検索エンジン「Saagle」(NHKドラマ)

シェアする

ドラマで使用される小道具に関係した記事です。

本放送から日が経ってしまいましたが、朝ドラ『おかえりモネ』第32回から。ヒロイン百音が米麻町森林組合で使うパソコンです。画面中央にあるGoogleっぽい文字にご注目を。
朝ドラ『おかえりモネ』第32回から
結構有名になった「Saagle」です。アイコンが「S」マークなので「Saagleナントカ」というウェブブラウザを使っているのでしょうか。

Saagle」は、朝ドラではおそらく初めて使われた検索エンジンだと思います。現在放送中の『おかえりモネ』以前では、『おちょやん』『エール』『スカーレット』『なつぞら』『まんぷく』のいずれもが、インターネットが普及する前の話なので、比較するには『半分、青い。』(2018年上半期)まで遡らねばなりません。

『半分、青い。』では、終わりの方で「パソコンのブラウザで検索エンジンを使う」場面が出て来ました(第148回から)。
朝ドラ『半分、青い。』第148回から
朝ドラ『半分、青い。』第148回から
こちらは昔のGoogleと似たデザインですが、「Saagle」ではなく「Chercher」という名称です。フランス語で「探す」の意味。読みは「シェルシェ」でしょうか。

それ以前の検索エンジンはどうなっているのかちょっと調べてみると、『まれ』(2015年上半期)にありました(『まれ』第143回から)。
朝ドラ『まれ』第143回から
朝ドラ『まれ』第143回から
Googleと極めて似た名前の「Geegle」なのでした。似過ぎです。

「Geegle」は、『あまちゃん』(2013年上半期)で先に使われていました(第59回から)。
朝ドラ『あまちゃん』第59回から
Googleで検索するのが「ググる」なので、「Geegle」だと「ゲグる」になってしまいます。

そして、『おかえりモネ』で使われている「Saagle」ですが、他のNHKドラマで使われまくりでした。「探る」が由来なのは明白ですね。
NHKドラマ『半径5メートル』(全9回・2021年4月30日~6月25日)では主人公・風未香(演:芳根京子さん)が使うパソコンに表示されていました(第8回から)。
NHKドラマ『半径5メートル』第8回から
NHKドラマ『半径5メートル』第8回から

また、NHKドラマ『ひきこもり先生』(全5回・2021年6月12日~7月10日)でも「Saagle」(第1話から)。
NHKドラマ『ひきこもり先生』第1話から
NHKドラマ『ひきこもり先生』第1話から
こちらはモバイル表示の「Saagle」です(通信キャリアは「DOCIRA」)。

同じくNHKドラマ『六畳間のピアノマン』(大阪放送局制作全4回・2021年2月6日~2月27日)第1回から。
ドラマ『六畳間のピアノマン』第1回から
ドラマ『六畳間のピアノマン』第1回から
村沢憲治(演:加藤シゲアキさん)が使うノートパソコンに表示されています。YouTubeは「MyTube」になっていました。

一方、昨年放送されたNHKドラマ『一億円のさようなら』(全8回・2020年9月27日~11月15日放送)では「QOOLLE」という検索エンジンが使用されていました。
NHKドラマ『一億円のさようなら』第1回から
Saagle」がすでに登場していたら、「QOOLLE」を使わず「Saagle」を使ったのではないのかと想像してしまいます。逆に言うと、この時点で「Saagle」はまだなかったのではないのかと。

Saagle」が使われたドラマを放送日順に並べるとこうなります。

  • 2021年2月6日 『六畳間のピアノマン』第1回
  • 2021年6月12日 『ひきこもり先生』第1回
  • 2021年6月18日 『半径5メートル』第8回
  • 2021年6月29日 『おかえりモネ』第32回

実際のところはまだ分からないのですが、大阪放送局制作の『六畳間のピアノマン』で2月に初めて使われて、「Saagle」の評判がよいので東京でも使うようになった、ということなのかも。6月はまさに「Saagle」ラッシュみたいに思えます。

NHKを含め、他のドラマで「Saagle」が使われていないか、チェックします。


Saagle」ではないのですが、『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』(全8回・2020年4月5日~5月24日放送)で、「Googol」という検索エンジンが使用されているのを確認しました(第1回から)。
『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』第1回から
Saagle」は世に出ていたものの、既に「Googol」で制作が進んでいたこともあり、変更することがなかったのではないか、と想像します。
「Googol」の読み方は「グーゴル」でいいはず。Googleの名前の由来となった数の単位で、「1グーゴルは1の後に0が100個連なった101桁の整数」(Wikipedia)ということです。「グーゴル」を使って検索することは「グゴる」(?)。やはり言いづらいですね(笑)。

(2021年9月8日追記)