「産業技術支援センター」(朝ドラ『舞いあがれ!』)

シェアする

ドラマのロケ地に関するごく短い記事です。

朝ドラ『舞いあがれ!』第18回の静止画です。会議室の入口には「大阪航空宇宙研究会主催/人工衛星への挑戦」と記されています。
朝ドラ『舞いあがれ!』第18回から
朝ドラ『舞いあがれ!』第18回から
ヒロイン舞の父・浩太(高橋克典さん)が出席していたのですが、偶然金型が専門の曽根(蟷螂襲さん)がいるのを見つけ声をかけた場面です。曽根には「カワチ鋲螺」へ納める試作品ネジの製作時に金型でとても世話になっています。朝ドラ『舞いあがれ!』第18回から
外に見える会社の看板に注目します(右側)。
朝ドラ『舞いあがれ!』第18回から
切り取って補正しました。
朝ドラ『舞いあがれ!』第18回から
看板には「Sato」と書いてあるようです。

探してみると「佐藤鉄工」という会社が東大阪市内にあるのが判明しました。

「佐藤鉄工」さんの向かいにあるのは「東大阪市立産業技術支援センター」(東大阪市高井田中1-5-3)。

この一室で撮影が行われていたのでした。窓枠の形と色が同じです。

「産業技術支援センター」さんのホームページを拝見すると、収容人員120人の研修室が3階にあるので、きっとここが使われたのだろうなと想像されます。

『舞いあがれ!』で「産業技術支援センター」が再度映る場面があれば追記します。