「カワチ鋲螺」(朝ドラ『舞いあがれ!』)

シェアする

ドラマのロケ地に関する短い記事です。

朝ドラ『舞いあがれ!』第13回から。ヒロイン舞の父親・浩太(高橋克典さん)が営業に訪れた「カワチ鋲螺びょうら」です。建物にご注目を。

朝ドラ『舞いあがれ!』第13回から

ここは東大阪市新庄西4-28にある「株式会社コノエ」さんです(有名企業)。

「ねじ」の看板は、文字部分の位置はそのままで、CGで本体を少し上に大きくしているのだと思われます(MIC.PACK®は消されています)。
壁面の大きな「KAWACHI」看板はCGで、入口の「株式会社カワチ鋲螺」看板は実際に作ったのかなという感じ。
朝ドラ『舞いあがれ!』第13回から

窓から見えている向こうの建物は「トナミ運輸 東大阪支店」さん(東大阪市本庄中1-4-90)。
朝ドラ『舞いあがれ!』第13回から

なので、建物内部の撮影は同じ「コノエ」さんでもこちらの社屋(本庄中2-3-36・測量事業本部)だと思われます。

ちなみに、「カワチ鋲螺」の平看板を真似て書いてみました。
株式会社カワチ鋲螺(DF唐風隷書体W7)
使用したのは「DF唐風隷書体W7」。色は変えています。

「コノエ」さんのホームページを拝見すると、同社の古い社名に「コノエ鋲螺」という記述があり、もしかすると「カワチ鋲螺」の由来は「コノエ鋲螺」なのかもと考えたりします。

また、「コノエ」さんの「ねじ」看板の下にある螺旋階段はまさに「ねじ」(鋲螺)そのものを表現していて、この螺旋階段も広い意味での看板なのだと思います。
ロケ地選定の大きな理由かも知れません。

ねじと測量で皆様の生活を支えるコノエ。一般規格ねじの販売および、ノブスター、MICパックなどネジ関連商品の開発・販売。測量用品(コノエネイル・コノエダブル)を開発した測量業界のパイオニア。