淀川区十三近辺にかつてあった喫茶店

シェアする

以前「出来島にかつてあった喫茶店」というものすごくマイナーな地元ネタを書きました。今日は西淀川区ではなく、淀川区十三近辺にかつてあった喫茶店のことを書こうと思います。
看板とは全然関係のない話で恐縮です。

だいたい1980年~1982年頃阪急十三駅近くにあった喫茶店のことです。今もあるお店ではなく、行こうと思ってももうすでにないので行くことの出来ない喫茶店。
思いつくままに書きます。

十三駅西口

アロー

栄町商店街のがんこ本店の並びで、今の大統領の前あたりにありました。ボックス席が15席くらいあったように記憶しています。
一階だけのワンフロアで、中から歓楽街のメインストリートである栄町商店街がよく見えました。
喫茶店として印象に残っていることはあまりないのですが、1982年頃に起こった偽五千円札事件で被害に遭われたと当時新聞で知りました。

コスタリカ

栄町商店街で「本家永楽堂」の左隣。現在「旬彩cocotte」のある場所です。

コーヒの専門店だったと思います。確かにおいしいコーヒでした。
お店もとてもきれいだった印象です。
昔もらったマッチの写真があるのでアップロードします。

「アロー」と同じで、一階だけのワンフロア。同様に中から歓楽街のメインストリートである栄町商店街がよく見えました。
比較的最近では2002年に一度行きました。
(書いてから気づきましたが、お店の名前が変わっただけのようです。でもマッチの写真があり、せっかくなのでこのまま掲載しておきます。『ココット』はあるので行けますよ)

ドン

「コスタリカ」の路地を挟んだ左側にありました。
1階と半地下、中2階があって、テーブルのいくつかはテレビゲーム台になっていました。
昼間はわりとお客さんが少なくて中2階までで営業していましたが、夜になると3階フロアも使っていることがありました。
一応音楽喫茶です。ジュークボックスがあったのかどうかは記憶にありません。有線放送が流れているだけだったような気もします。
朝は9時からの営業でした。

 
十三は映画「ブラックレイン」のロケ地でもありますが、この「ドン」のあった場所の真ん前で撮影されたシーンもありました。

「ドン」は1986年頃までは営業していたはずです。

デウカリオン

十三本町1丁目11番。
アーケードになっている十三フレンドリーストリートを「ニチイ十三店」(懐かしい!)のある角を十三筋の方へ曲がり少し歩いたところにありました。
建物は2階建て以上で、ゆっくり出来るのは2階部分だけだったように思います。
1階も営業していたのかも知れませんが、利用するのは私の場合2階だけでした。
階段は店内にあったような気がするのでやはり1階はあったのかも。
店主は当時まだ20代の男性でとても感じのよい方でした。
その店主がバイク好きだったせいか同好の士が集まることもあったようです。
ケーキを注文した等の話を後年お店のファンだった女子から聞いたことがあります。
「デウカリオン」は十三の喫茶店では特に女子に人気が高かったようです。
逆に男性客は非常に少なかった。

蘭豆

「ニチイ十三店」は建物が3か所くらいに分かれていて、その一つが現在「東横INN大阪阪急十三駅西口」が建っている場所にあり、また通りを挟んだ場所にも一か所ありました。
それら「ニチイ十三店」に挟まれるような形で「蘭豆」はありました。
コーヒ専門店だったような気がしますが、あまり行かなかったせいか店内の様子はほとんど記憶がありません。


「蘭豆」は「食べログ」に紹介されているページが残っています。
【閉店】珈琲蘭豆 – 十三/コーヒー専門店 [食べログ]

マダム

「プラザパオ」(十三本町1丁目7-4)の1階にありました。
朝は6時台から営業していたので、そこで働いていた知人はものすごく早く就寝していたようです。
店内はとても明るいイメージです。きれいなお店でした。
マッチの写真が残っていました。
  

なにわ

十三駅西口目の前にありました。2017年5月19日に閉店されたとのことです。
写真入りの記事がものすごくたくさん出てきます。
これほど惜しまれながら閉店するというのは、経営されていた方にはきっと嬉しいことだったでしょう。
駅から近いので急ぎの打ち合わせにはとても便利でたまに利用しました。
店内は落ち着いた雰囲気で居心地がよかったです。

モナーク

大阪市淀川区新北野1丁目14番。
十三駅からは少々離れます。北野高校前交差点の南東角にありました。
店内からは淀川北岸線(現・淀川通)がよく見えました。
今でも十三にかつてあった喫茶店のことを知人と話すと、ウェイトレスがどうだったとかでこのお店が話題に上ることが多いです。
とても上品なイメージで印象がものすごく良いのですが、実際に利用したのは2、3回程度です。もっと行っておけばよかった。

十三駅東口

十三駅東口にあった喫茶店にもあちこち行きました。
西口ほどたくさんはありませんでしたが。

白ばら

栄町商店街の「ドン」と似た造りでした。
1階と半地下、中2階があって、中2階の奥に3階の席が4つありました。3階は調理場というかキッチンの真上に位置していたはず。
店内はわりと明るい雰囲気でした。残念ながらよく行っていたときのコーヒはあまり私と合わず、別のものを注文することが多かったです。
ネット上にいろいろ写真が残っています。

モンブラン

「白ばら」の並びで2、3軒駅寄りにありました。
店内は暗いイメージ。半地下があったような気がします。
1982年頃改装して明るい感じの店に変わり、2階だけの営業になったような記憶があります。

トレビ

現在「一軒め酒場 十三店」になっている場所にありました。1、2回しか行かなかったように思います。
少しだけ高級な感じがして、なんとなく梅田の喫茶店のようだなと思っていました。

コナ

入口は自動ドアで、「いらっしゃいませ」という音声合成が迎えてくれていました。1階と2階がありましたが「ドン」や「白ばら」のように吹き抜けになっていません。
窓に面した席からは目の前にある「平和書籍部」という書店がよく見えました。
生まれて初めて「ピラフ」を食べたのがこの「コナ」の2階でした。
純喫茶「コナ」。現在はパチンコ屋さんになっています。

清友

淀川通りにある市バスの「十三東口バス停」のすぐ横。淀川通りとアーケードの商店街と両方に出入口があるちょっと変わった造りでした。
あまり若者向けの喫茶店ではなかったような。1、2回しか行きませんでした。

以上、思いつくままに阪急十三駅近くにあった喫茶店のことを書きました。
「『コスタリカ』改め『ココット』」は今でもあるので行ってみたいなと思っています。