新守口市役所前

シェアする

交差点名標識の話です。
昨日偶然通りかかった「新守口市役所前」交差点名標識についてです。

気になるのは「新」の字。
2016年まで使用していた旧市庁舎はとても古く、旧三洋電機の本社ビル(1999年建設)に庁舎を移転させた守口市民の喜びは想像に難くありません。
だから交差点の名を変更するのに「新守口市役所」を使いたくなったのかというと、それも多少あったのかもしれませんが、旧庁舎の交差点名である「守口市役所前」は使えなかったのでしょう。
交差点名の名称はそのままで場所だけ移動するというのはかなり混乱を招くことで、普通は出来ないことだと思います。

「新守口市役所前」交差点は以前は名前がつけられていない交差点でした。
市役所が移転してきたので交差点名をつける。その際「守口市役所前」は現在使っているので使用不可。
そこで「新」の登場と相なりました。
この「新」が修飾している言葉は、勿論「守口」ではなく「市役所」でもありません。
交差点名標識では省略されている「交差点」にかかる修飾語です。
正式名称は「新守口市役所前交差点」。
こう理解すれば、2030年頃に「今の守口市庁舎は、建設からもう30年経っていて守口市役所として機能してきたのも10年になるから『新守口市役所前』はおかしいよ」などという苦情などがあっても、「この『新』は交差点の『新です』」で一蹴出来るわけです。

ちなみに英文では“New Moriguchi City Hall”。
あくまでも交差点名にかかる「新」であると書きましたが、この英文を素直に読むと “New(新しい)” の “City Halll(市役所)” ではないかとも思ってしまいます。交差点名には日本語も英語も関係がないのだと思いたいですが、ちょっとだけ自信がなくなってきました。

喫茶店やバー、スナックが移転する際に、それまでの名称の頭に「ニュー」をつけるのが流行った時代があったのをちょっとだけ思い出してしまいました。
どこか懐かしい感じがします。

また、旧「守口市役所前」交差点は現在「守口警察署西」に名称が変更されています。
混乱は少なかったのだろうと思います。