「BUSHIDO COLA」(朝ドラ『カムカムエヴリバディ』)

シェアする

ドラマのセットで使用される自動販売機に関する記事です。かなりマニア向けとなる話題を含みます。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第71回から。自宅へ帰って来るひなた(川栄李奈さん)です。自動販売機にご注目を。朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第71回から一番上の部分を切り取りました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第71回から「」

最初の文字はDかBに見えるのですが、後に続くのが「USHIDO COLA」なので、これはBでしょう。「BUSHIDO COLA」で、ひなたの好きな時代劇を由来とする飲料名を表しているということです。「武士道コーラ」。

ちなみに、商品名から、ドラマの設定である1983年(昭和58年)の翌年に発売されてあまりヒットしなかったサスケ(SaSuKe)という炭酸飲料を思い出してしまいました。商品自体はイマイチでしたが、CMはなかなかよかったような。

「BUSHIDO COLA」は、「大月」の店内にもあるのかも。確認出来れば追記します。


第73回で、かなり大きく「BUSHIDO COLA」の自販機が映っていました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から
切り取りました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から「BUSHIDO COLA」自動販売機

「BUSHIDO COLA」の、「B」「D」「O」「A」は「ヌキ」の部分が、そして「I」は文字の外形線が、それぞれ違った武士のシルエットになっているというかなり凝ったフォントです。

コカコーラの自販機と同様、「BUSHIDO COLA」の下に「TRADE MARK REGD.」らしき文字が入っているのも見逃してはいけないのでしょう。

自販機に入っているメンバーを書き出してみます。
上段左から右へ、

  • BUSHIDO COLA
  • BUSHIDO COLA
  • アナンダ(アナンタ?青・ファンタ似)
  • アナンダ(アナンタ?緑)
  • SCAL~?(スプライト似)
  • ?(白い缶)
  • BUSHIDO COLA
  • BUSHIDO COLA

下段左から、

  • ?(ピンク色っぽい缶)
  • (烏龍茶)
  • アナンダ(アナンタ?青)
  • アナンダ(アナンタ?緑)
  • OI-C(?・りんご?)
  • OI-C(?・みかん?)
  • OI-C(?・おなす?)
  • ?(半分くらいがオレンジ色の缶)

と並んでいます。

「OI-C」は、薄いピンク色した星の中に描かれたイラストが各々違うので、「タヌカワりんごフーセンガム」を参考にしました。

間違いに気づいた際には訂正します。

(2022年2月14日追記)


さらに追記です。

「BUSHIDO COLA」は『カムカムエヴリバディ』が初出ではありませんでした。『スカーレット』の「ヤングのグ」に登場しています。画像は『スカーレット』第117回から。左の方にある赤くて丸いポスター(?)です。
朝ドラ『スカーレット』第117回から
切り取りました。
朝ドラ『スカーレット』第117回から
少々見づらいのですが、一昨日までは全然見えなかった「武士」が見事に現れていますね(笑)。

そして、自販機もありました。武志が治療を受ける病院(滋賀県立中央病院)です(第140回から)。
朝ドラ『スカーレット』第140回から
「BUSHIDO COLA」が『スカーレット』で初めて使われたのなら、その命名の由来は武志だったのかな、と考えたりします。

(2022年2月15日追記)


また追加して書くことが出て来ました。第73回の静止画像を再掲します。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から「BUSHIDO COLA」自動販売機
下段の左端にあるのが「ピンク色っぽい缶」だと書いたのですが、もしかすると違っていたのかも知れないことに気づきました。

『スカーレット』で滋賀県立中央病院にあった「BUOLA」の自販機は、どうやらサンプルとして中に置かれた缶もそのままで『カムカムエヴリバディ』にやって来たようなのです。

『スカーレット』第140回からの静止画像。
朝ドラ『スカーレット』第140回から
朝ドラ『スカーレット』第140回から
2枚目画像のサンプル下段の左端、缶部分を切り取ります。
朝ドラ『スカーレット』第140回から「OSSAN-COFFEE」
色は全然違うのですが、「これはあのコーヒーか!?」と喜ぶ人がいるかも。

『カムカムエヴリバディ』第73回の自販機画像から問題の箇所を切り取ったものです。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から
確かにピンク色のように見えるのですが、それは光線の加減でそう見えているだけなのかも。不鮮明ながら、缶の「柄」はよく似ているのが分かります。

『スカーレット』第117回からの画像。「ヤングのグ」の外に置かれた自動販売機に、問題の缶コーヒーが収まっています。
朝ドラ『スカーレット』第117回から
切り取った画像。
朝ドラ『スカーレット』第117回から「OSSAN-COFFEE」
これは一部のマニアには当時とてもウケた「OSSAN-COFFEE」です。改めて見てみると、イラストがちょっとコワイかも。

『スカーレット』の「滋賀県立中央病院」の自販機画像を再掲。
朝ドラ『スカーレット』第140回から「OSSAN-COFFEE」
これはどう見ても「OSSAN-COFFEE」で間違いないですね。

そして、しつこくなりますが、『カムカムエヴリバディ』の条映映画の休憩所にある自販機画像です。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から
隣の烏龍茶(烏健茶?)も同じということもあり、この缶はきっと「OSSAN-COFFEE」。

そう思っていたところ、別の回の画像を見て「これは違うかも」となりました。第75回の静止画像です。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から
下段左の部分。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から
やはりピンク色に見えます。そして、柄は「OSSAN-COFFEE」と似ているのかどうなのか。ただ、文字(OSSAN-は白で、こちらは黒っぽい色)のある部分は「OSSAN-COFFEE」と似ているのです。

『スカーレット』で「ヤングのグ」の外にある自販機に入った「OSSAN-COFFEE」(再掲)。
朝ドラ『スカーレット』第117回から「OSSAN-COFFEE」
色は異なっているものの、やはり似ています。仮説と呼ぶほど大層なものではないのですが、「OSSAN-COFFEE」の別バージョンなのかも、と思います。もう少しハッキリ見える画像を期待したいです。

(2022年2月18日追記)


本日放送の第78回で、「大月」の店内にある冷蔵ショーケースに「BUSHIDO COLA」等が入っているのが見えました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第78回から
切り取って明るくしました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第78回から「BUSHIDO COLA」他

前列左から

  • 烏龍茶(烏健茶? 茶色に白と赤のライン)
  • 「(コ)ーヒー」(銀色の缶)
  • アナンタ 青
  • BUSHIDO COLA
  • OI-C みかん

となっています。
大きさから判断すると、いずれの缶も250ml入りであろうと思われます。

そして、ここまで見て来ると、「OSSAN-COFFEE」もさることながら、「OI-C」の「おなす味」をハッキリ確認したいです。
「本当におなす味のOI-Cなんてあるのか?」とも思いますが、きっとあります。

(2022年2月21日追記)


以前白い缶が置かれていた場所に、別の飲料が置かれるようになりました。画像は第80回から。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第80回から
缶のデザインから受ける印象が「ライフガード」と似ています。「ライフガード」の発売が1985年(または1986年)で、ドラマの設定である1984年とはほぼ同時期。「マウンテンデュー」と似ている、という意見もあるでしょうか。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第80回から「BUSHIDO SODA」
缶に書かれているのは「BUSHIDO SODA」でした。「BUSHIDO COLA」の姉妹品と考えればよいのでしょう。
「I」の上の方が細くなっているので、「BUSHIDO COLA」のフォントと同じものが使用されているのが見て取れます。「BUSHIDO COLA」の中に「S」「O」「D」「A」の文字があり、新しい文字は不要なのです。

そして、「BUSHIDO SODA」の左にある、最初に「SCAL~?」と書いた缶は、今見ると「Scat~」と書いてあるようです。「ScatCan」?

ところで、「BUSHIDO COLA」の自動販売機は『スカーレット』が初出なのかもと思うのですが、「BUSHIDO」の名を冠した製品は、朝ドラ『わかば』(2004年度下半期・大阪局制作)で既に使われていました。手前にある赤いビールケースのような容器。
朝ドラ『わかば』総集編から
朝ドラ『わかば』総集編から「BUSHIDO COLA」ケース
武士のフォントを使った上段には「BUSHIDO」だけで、下段にある(はずの)文字が「COLA」なのか、あるいは「BUSHIDO BEER」等なのかが判然としませんが、なんとなく「D」の下が「A」のように見えるので「COLA」なのかも。ケースそのものはビール用なので、「BEER」も一応有力ではあります(でも最後はRではないなぁ)。

場所はヒロインわかば(演:原田夏希さん)の父・公一と瓜二つの容姿をした木之下俊介(内藤剛志さん)が経営するバー「GROOVE」のある雑居ビルの中です。

使用されているフォントを比較する為、『カムカムエヴリバディ』第73回の「BUSHIDO COLA」画像を補正してみました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第73回から「BUSHIDO COLA」

「A」以外の文字、「B」「I」「D」「O」の武士の形がそれぞれが違っているように見えます。基本となる文字の形や文字どうしの重なり具合も異なっているので、コンセプトは踏襲されてはいるものの、全く別のフォントで作られていると考えます。

(2021年2月23日追記)


『カムカムエヴリバディ』番組公式Twitterに自販機の画像がありました!ツイートを引用させていただきます。画像を引用させていただきます。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1498060384196075528

(「BUSHIDO COLA」の上下にある細長い絵は、もしかすると太刀魚のシルエットなのかも)
缶のそれぞれがかなり鮮明に見えますので、缶に記された文字と値段を書き出してみます。
上段左から右へ、

  • OSAMURAI DRINK Co.ltd/BUSHIDO COLA/ブシ・コーラ 350ml \100
  • OSAMURAI DRINK Co.ltd/BUSHIDO COLA/ブシ・コーラ 250ml \100
  • アナンタ/アオリンゴ 炭酸飲料 無果汁 350ml ¥100
  • アナンタ/マスカット 炭酸飲料 無果汁 350ml ¥100
  • Scatman J ¥100
  • Gufu SODA 350ml ¥100
  • OSAMURAI DRINK Co.ltd/BUSHIDO COLA/ブシ・コーラ 250ml ¥80
  • OSAMURAI DRINK Co.ltd/BUSHIDO COLA/ブシ・コーラ 250ml ¥80(以上コールド/COLD)

下段左から、

  • OSSAN-COFFEE ¥80
  • 烏龍茶/Oolong Tea ¥80
  • アナンダ/アオリンゴ 炭酸飲料 無果汁 250ml ¥80
  • アナンダ/マスカット 炭酸飲料 無果汁 250ml ¥80(以上コールド/COLD)
  • OI-C(りんご)果汁50% ¥80
  • OI-C(みかん)果汁50% ¥80
  • OI-C(おなす)果汁50% ¥80
  • YOPPODOオレンジ/炭酸飲料 無果汁 250ml ¥80(以上ホット/HOT)

おなす味の「OI-C」を見ることが出来て感動しております。
また、『スカーレット』からずっと気になっていた「OSSAN-COFFEE」にも。

第86回で、ひなたが文四郎(本郷奏多さん)に「OI-C」を手渡す場面がありました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第86回からこの「OI-C」は、おそらく「りんご」か「みかん」でしょう。「おなす」はさすがにないように思います。

また、同じ86回では、自販機がこれまでで最も大きく映っていました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第86回から

公式Twitterの画像と違うのは、上段右側の「Gufu SODA」が「BUSHIDO SODA」に変わっていることです。

そして、「BUSHIDO COLA」と確かに自販機や商品には書いてあるのですが、カナで「ブシ・コーラ」とあるので、単に昔の表記「コカ・コーラ」と同じようにしただけという見方もありますが、これは「短くこう呼んでくれ」というようなメーカーからのメッセージなのかも、と考えたりします。

(2021年3月3日追記)