『なつぞら』に出てきた書籍に使用されているフォント

シェアする

ドラマの小道具に使用された書籍で使用されているフォントの話です。

本日最終回を迎えた朝ドラ『なつぞら』。
この半年間、ほぼ毎日観てまいりました。
終回の今日、小道具の書籍(洋書です)で使用されているフォントに少し興味を持ったので、以前よくやっていたように似せて書いてみたいと思います。
朝ドラ『なつぞら』第156回(最終回)

この書籍です。

「CUORE

EDMONDE
DE
AMICIS」
と書いてあります。

調べてみると、「Bernhard Modern Std」が近いようなので、そのフォントで書いてみることにします。

まず画像を補正します(回転・歪み)。
CUORE

「Bernhard Modern Std」を使い、文字の上に青い色で入力します。
CUORE
驚くほど似たように仕上がります。
実際は文字の間隔が若干ずれていたりするのですが、これくらい似ていれば同じフォントだと確認するには充分過ぎる程です。

CUORE
画像ナシだとこうなります(文字を黒に変えました)。

来週からは『スカーレット』が始まりますが、やっぱり観てしまうのでしょう。
大阪で制作されるドラマなので、「またあの看板出てくるかな?」とか「やっぱりあの石垣や建物たちは健在か?」とか、いろいろ予想して楽しんでおります。
番宣ですでに「ナニワ石鹸」等の看板を確認しておりますので、あまり他の方が書いていないような「やや濃い」看板や建物や小道具の話が書ければいいなと感じております。
朝ドラの話を書いていて一番嬉しいのは、「こんなこと書いても誰も見ていないだろうな」という記事を、何人かの方が見てくださったのが分かった時だったりします。
本業の看板屋を続けていくのが目的なので、無理せず、地味に書き続けられればいいなと感じております。