東淀川区「だいどう」

シェアする

ごく最近まで知りませんでした、東淀川区に「大桐」と「大道南」があって、いずれも「だいどう」という読み方であると。

Wikipediaから引用します。

1925年(大正14年)東淀川区への合併に伴い、北大道・西大道・南大道・東大道が町名となった。
1980年(昭和55年)、西大道町、北大道町、東大道町、大隅通、が大桐1 – 5丁目に改称して成立した。また、南大道町は大道南と名称変更された。

Wikipedia『大桐』歴史 から引用

もともとはいずれも「大道」だったと。
現在は同じ「だいどう」であっても、その地名を聞いただけでは「だいどう」のすぐ後ろに「南」が付くか付かないかで文字が違う為、地名を漢字で書き出すと間違ってしまうおそれがあるわけです。

ちなみに「大桐」「大道南」の近くに「大隅」(おおすみ)という、これまた漢字で「大」のつく町名があって、ちょっと迷いそうな気がします。