出来島はSince 1688

シェアする

「地元出来島はいつから出来島なのか」。
ちょっと気になったのでネットで調べてみると、大阪市西淀川区のホームページに答えが書いてありました。

元禄元年(1688年)、摂津茨木在福井村の倉橋彦坂四郎兵衛が開拓した町人請負新田で、その完成を記念して「出来島新田」と名づけられた。
其能く成功せるに因みで出来島と名くとぞ。(後段は西成郡史より)

『西淀川区の町名とその由来』から引用

ということは、2018年の今年は出来島開拓330年の年なわけです。
特に地元でお祝いの行事があるわけではありません。
30年前の300周年に当たる年にも多分何もありませんでした。
地元がもっと盛り上がれば、そういうことをしようという機運になるかもしれません。

ちなみに彦坂四郎兵衛のステッカーを店に貼っていますが、誰一人気づいてくれていないようです。
少し悲しいかも。。