使い回しされる看板(大阪制作の朝ドラ)2

シェアする

ドラマのオープンセットで使用された看板の話です。ドラマのあらすじとは全く関係がありません。超々マイナーな話題。

使い回しされる看板(大阪制作の朝ドラ)】という記事の続きみたいになってしまいますが、『スカーレット』のオープンセットで使用された「ろーず」という洋食店の看板が、同じNHK大阪放送局制作の『まんぷく』のオープンセット撮影時に使われた看板と同一のものと思われることに気づいたのでそれについて。
朝ドラ『スカーレット』第19回画面右に大きく「洋食」「ろー(ず)」と書いてある看板です。

この看板は『まんぷく』で「楠横山本店」という酒店に掲げられていた「(鳳凰)ビールHOUWAU (BEER)」看板の流用であると思われます(『まんぷく』第3回から。右上に見える看板)。
『まんぷく』第3回放送から

正面から撮られた画像が全くないのでこれ以上確認のしようがないものの、周囲に配置された電球の位置のあり様と看板の形状から同じものと見てまず間違いないでしょう。


『スカーレット』の「ろーず」、『まんぷく』の「鳳凰ビール」と非常によく似た看板を『まんぷく』で見ることが出来ました。
朝ドラ『まんぷく』第2回から
「浪花劇場」の看板です(第2回から)。
色は全然違っていますが、形が全く同じです。大きさも違和感がありません。やはりオープンセットで撮影されていたのでした。