雇用促進住宅出来島宿舎

シェアする

地元出来島にあった住宅についての記事です。

今年になってから取り壊された雇用促進住宅出来島宿舎。Googleストリートビューで見てみます(2019年9月撮影)。

看板には「雇用・能力開発機構 出来島宿舎」となっています。こちらが正式名称なのでしょう。

反対側からの画像。この時点でほとんど住んでいる人はいませんでした。

2020年5月撮影。住んでいた方にはちょっとキツイ画像かも知れません。
2020年5月撮影
各戸のドアや窓(枠)、廊下の手すりがすべて取り外された状態で、重機により解体される直前。上のストリートビューでは左に見えている方の棟です。

そして今月(2020年9月)撮影の写真。
2020年8月撮影
取り壊しが完了した後には草が生えてきました。この後この土地がどうなるのかは不明ですが、住んでいた方にとっては少々寂しい気持ちがするのではないかと思われます。

私自身が幼い頃、自宅から近く、同年代の友人が何人かいたこともあり、この住宅でよく遊びました。住宅の名前は単に「じぎょうだん」と呼んでいた記憶があります。

建物の仕様が同じであるのか、別の場所に建てられた雇用促進住宅の中には、「家の近所のと同じだ」としか思われないものがいくつかあり、一種不思議な気分になった覚えがあります。

この土地もいつまでもこのままの状態ではなく、何かに利用されることになるのでしょう。それもまた記事にしてみたいと考えています。