「歯研」の読み方

シェアする

漢字の読み方に関する話です。

先日守口市内を自動車で走っている時に、ちょっと気になる看板を見つけました。Googleストリートビューで説明します。

袖看板には、「昭和歯研」と書いてあります。
「昭和」は当然「ショウワ」なのですが、「歯研」はどう読むのか。

私は「これはハケンだろう」とまず思いました。というのは、歯車加工の一部に「歯研」(歯面研削または歯面研磨)というものがあり、これを「ハケン」と呼称する人しか接したことがなかったからなのです。ただ、「歯研」を得意とする歯車加工の業者でも、「〇〇歯研」という会社は聞いたことがありませんでした。

金属加工の「〇〇研磨」という事業所は、結構目にすることがあるのですが、歯車加工の研磨(研削)である「歯研」はその需要が少ないのか、それだけをやっている、あるいはそれをメインでやっている事業所というのはないのではないかと思います。

インターネットで、社名に「歯研」がつく会社で検索してみると、歯科技工に関係すると思われる事業所しか出てきません。読み方は「シケン」です。この「昭和歯研」さんも、歯車の関係ではなく、歯科技工関係の会社なので、当然「ショウワシケン」さんなのでした。

これらの「歯研」は、おそらく「歯科技工研究(所)」あるいは「歯科技術研究(所)」の略なのでしょう。今回調べてみて、初めて「〇〇歯研」という事業所があるのを知った次第です。