映画『若草物語』西淀川ロケ

シェアする

地元西淀川区内でロケが行われた映画に関する短い記事です。

昨日、動画配信サービスで日本映画『若草物語』(1964年)を視聴しておりましたら、見覚えのある風景が映っているのに気づきました。

『若草物語』は次のような映画です(Wikipediaから引用)。

『若草物語』(わかくさものがたり)は、1964年12月31日に公開された日本の映画作品。日活の四大女優(吉永小百合、浅丘ルリ子、芦川いづみ、和泉雅子)が共演した。高度成長期を生きる若い女性たちの恋愛観や結婚観、幸福のかたちを健康的に描いた青春大作。上映時間は85分。

あらすじ
高村家の由紀(浅丘ルリ子)、しずか(吉永小百合)、チエコ(和泉雅子)の三人姉妹は、若い後妻をもらった父・勇造(伊藤雄之助)を気づかって家出を決行。伊丹空港から日航機に乗って、東京で暮らす新婚の長姉・早苗(芦川いづみ)のアパートに押しかける。やがて三人の妹たちは早苗と夫・宏一(内藤武敏)のもとを離れ、三人でアパート暮らしをはじめる。大阪弁で繰り広げられる三姉妹それぞれの恋愛模様が描かれる。

―【Wikipedia『若草物語』から引用】

まず気づいたのが、冒頭あたりのこの場面。由紀(左:浅丘ルリ子さん)と同僚女性が会社の屋上で会話をするシーンです。
映画『若草物語』(1964年)から

右上に見えるこの建物は、野里交差点にある「西淀ビル」(西淀川区花川2-21-13)だと気づきました。
映画『若草物語』(1964年)から

比較的似たアングルから撮影されたGoogleストリートビューを持ってきました。「西淀ビル」は、正面に見える2階部分に「吉野家」の袖看板が取り付けられたビルです。屋上の看板は当時ありません。

50年以上前からあるビルで、野里の交差点で大きな看板があり、とても目立つ建物です。
今見るとごく普通のビルなのですが、子どもの頃は周りに大きな建物がなく、このビルを見るたびに「野里に来たなあ」と感じていたことを思い出します(実際ビルがあるのは野里ではなく花川)。

また、正面奥にある赤い「正」の看板は、「丸正百貨店」という会社のものでした。
映画『若草物語』(1964年)から

2009年に撮影されたストリートビューには映っていました。その後看板は撤去されています。

三面ある丸い「正」看板の中、映画の画像で見えているのは、ストリートビューで見えている面と、道路からはちょうど裏にあたる面です。

そして、これに続く屋上の場面。左に見えるのは淀川ですね。鉄橋は阪神電車本線のもの。
よく晴れた日に撮影されているはずですが、空気がとても汚れているように見えます。空の青さがほとんど感じられません。映画『若草物語』(1964年)から

「西淀ビル」と「丸正百貨店」、そして淀川の位置関係から、この会社は姫里1-2あたりにあったのだろうと思われます。

場面は変わって、四姉妹の実家。模型店を経営しているのです。
映画『若草物語』(1964年)から
映画『若草物語』(1964年)から

和服の男性は姉妹たちの父・勇造(演:伊藤雄之助さん)。店内にいるのは三女しずか(演:吉永小百合さん)です。

ここは古い地元民ならすぐに分かりそうな気がします。野里の住吉神社脇です。

模型店は「マルワ模型店」さんの店舗を借りて撮影していたのですね。
突き当りの建物は撮影時のままのようです。

下の画像左に「(野里)本町商店会」の看板が確認出来ます。
映画『若草物語』(1964年)から

以上、1964年に公開された映画『若草物語』の西淀川区内のロケ地を、Googleストリートビューで訪ねたという記事でした。