「服部牛乳」(大阪制作の朝ドラ)

シェアする

ドラマの小道具に関する短い記事です。かなりマニア向けだと思われます。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第91回から。回転焼き「大月」の店内です。ヒロインひなた(川栄李奈さん)の左にある冷蔵ショーケースにご注目を。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第91回から
切り取って明るくしました。いつもの飲料品が並んでいます。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第91回から
ここからさらに、下段右側に置かれた牛乳を切り取ります。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第91回から「服部牛乳」
かなりぼやけた画像で申し訳ありません。
赤いラインが入っていて、そこにメーカーの名前が「ヌキ」で入っているようです。文字は全然読めません。

「これは服部牛乳だ」と想像する人はおそらくある程度いらっしゃるのだと思います。
「服部牛乳」の牛乳箱は、「大月」の向かいにある「マルハナ印刷所」にあり(第82回)、
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第82回から
「大月」・「マルハナ印刷所」と同じ「あかね通り商店街」にある「グリル アカシア」にあります(画像は番組公式Twitterからお借りしました)。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組公式Twitterから

『カムカムエヴリバディ』で使われる牛乳箱は他メーカーのもあるので、2か所に牛乳箱があるから「服部牛乳」だろう、というのは、やや説得力に欠けると感じます。

「服部牛乳」がわりと広く知られるようになったのは、朝ドラ『まんぷく』で、ヒロイン福子(安藤サクラさん)等が移り住んだ池田の家にその牛乳箱があり、その時からだったように思います(画像は『まんぷく』第80回から)。朝ドラ『まんぷく』第80回から
この後、一瞬ですが牛乳瓶が映っていました。
朝ドラ『まんぷく』第80回から
切り取って少し明るくしました。
朝ドラ『まんぷく』第80回から「服部牛乳」
やはり文字は読めません。

さらに牛乳を取り出すシーンが続きます。
朝ドラ『まんぷく』第80回から
朝ドラ『まんぷく』第80回から「服部牛乳」

残念ですがやはり文字は読めません。ただ、フタの部分にある白抜き文字は「服部牛乳」「服部乳業」とも異なり、3文字です。「牛乳」+「公正」の表示とも違うような。

で、「服部牛乳」を他の朝ドラで偶然見つけました。『スカーレット』第19回です。場所は、ヒロイン喜美子(戸田恵梨香さん)が庵堂ちや子(水野美紀さん)の紹介で試しに働き始めた新聞社(デイリー大阪)です。朝ドラ『スカーレット』第19回から
手前にある牛乳瓶を切り取りました。
朝ドラ『スカーレット』第19回から「服部牛乳」
これは正真正銘の「服部牛乳」でしょう。

『カムカムエヴリバディ』の冷蔵ショーケースに置かれた牛乳を再掲。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第91回から「服部牛乳」
見えている部分だけで比較すると、「同じ牛乳瓶であっても不都合はない」というところでしょうか。

ただ、「服部牛乳」の瓶が既にあり、商店街の2軒でその牛乳箱があるなら、ごく普通に考えて、これは「服部牛乳」だろうと思われるわけです。
「大月」には牛乳箱がないというのも、逆に一般家庭の消費とは違うことを表現しているとも。

ちなみに、「大月」での値段は70円でした(画像は第92回から)。朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第92回から
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第92回から
そして、「服部牛乳」という名称について。
忍者服部半蔵や、条映映画村のキャラクター「カットリくん 」を連想する人が多いと思うのですが、『まんぷく』の時が初出であるなら、これは大阪府豊中市にある「服部」という地名からではないかなと思われるのです。『まんぷく』の舞台となった池田の最寄り駅である阪急電車池田駅(宝塚線)から大阪梅田駅へ向かって6駅目に「服部天神」という駅があります(駅番号HK-43・2013年12月までは服部駅)。

「服部牛乳」について他に分かったことがあれば追記します。


『カムカムエヴリバディ』では、「服部牛乳」の箱は「大邱宮」の入口にもありました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第62回から
ということは、「あかね通り商店街」では少なくとも3軒にこの牛乳箱があったというわけです。

(2022年4月3日追記)