「レノア美術研究所」のフォント(朝ドラ『スカーレット』)

シェアする

ドラマの小道具に使用されたフォントに関する短い話です。

朝ドラ『スカーレット』でヒロイン喜美子が入学を希望している「レノア美術研究所」のパンフレット。
朝ドラ『スカーレット』第28回から

表紙に印刷された文字のフォントは金文体と酷似しています。
朝ドラ『スカーレット』第28回から

金文体(W5)で書いてみました。
レノア美術研究所
比較すると、ドラマの文字は角がゴシックのようになっているので違うフォントであるのは明らかです。

市販のフォントでその存在を知らないので、「金文体を改変した?」と思ってしまいます。実際のところはドラマ制作者に聞かないと分からないですけれども。

喜美子のセリフで「中淀のレノア美術研究所」というのがあり、思わず「それって大淀区?もしかして東淀川区?西淀川にはそういうハイカラなのは多分なかったんですけどぉ」とか想像してしまいました。そのうちに分かるのでしょう。