日本酒「別品」(朝ドラ『おかえりモネ』)

シェアする

ドラマの小道具で使われた日本酒に関する短い記事です。

朝ドラ『おかえりモネ』第21回から。所用で亮が訪れた酒店です。店内に置いてある酒樽にご注目を。
朝ドラ『おかえりモネ』第21回から
朝ドラ『おかえりモネ』第21回から日本酒「別品」
酒樽に書かれているのは「別品」です。
左には「純米大吟醸」の文字が。上にはお決まりの「登録商標」でしょう。

ポスターもありました。
朝ドラ『おかえりモネ』第21回から日本酒「別品」ポスター

「別品」の文字があるので同じ清酒のポスターです。何か絵が描かれているのですが、私にはちょっと分かりません。

ちなみに、ひらがなの「べっぴん」という名前のスナックが、居酒屋「まんせん」のすぐそばにありました(いずれも第17回から)。
朝ドラ『おかえりモネ』第17回から
朝ドラ『おかえりモネ』第17回から
看板部分をそれぞれ切り取りました。
朝ドラ『おかえりモネ』第17回からSNACK「べっぴん」看板
朝ドラ『おかえりモネ』第17回からSNACK「べっぴん」看板
清酒「別品」と、スナック「べっぴん」の関係は勿論不明なのですが、全く無関係であるというのも考えづらいところ。
引き続き「別品」「べっぴん」に注意しつつ『おかえりモネ』を視聴します。


追記です。
第34回で、瓶に入った「別品」が登場しました。百音の20歳の誕生日祝いに実家から送られてきたもの。
朝ドラ『おかえりモネ』第34回から
朝ドラ『おかえりモネ』第34回から

ラベルの左側には「無濾過」「酒造元 高森酒造株式会社」の文字があります。

「別品」の由来については、ひぞっこさんがTwitterで説明していらっしゃいました。ツイートを引用させていただきます。


実在する地酒「別格」から、「別品」と「同格」が誕生したということです。

(2021年7月1日追記)