「お誂えは洋裁部にて承ります」他貼り紙(朝ドラ)

シェアする

ドラマの小道具で使用された貼り紙に関する短い話です。

朝ドラ『スカーレット』第30回から
偶然再会した草間宗一郎(演:佐藤隆太さん)と並んで歩ヒロイン喜美子(演:戸田恵梨香さん)。
後ろに見えるショーウインドウ(しまみや洋品店)に貼られた紙の文字が気になってしまいました。

まず左側の貼り紙。
朝ドラ『スカーレット』第30回から

この貼り紙は『カーネーション』第39回で見ることが出来ました。
ヒロイン糸子が働きに行っている「末松商店」という生地屋さんです。
右は糸子(演:尾野真千子さん)で、左は板尾創路さんが演じる店主。
朝ドラ『カーネーション』第39回から
朝ドラ『カーネーション』第39回から「お誂えは洋裁部にて承ります」貼り紙
『スカーレット』の画像では不鮮明で読めない部分もありましたが、こちらははっきり読めます。
「お誂えは/洋裁部にて承ります」と書いてありますね。他の貼り紙と同様、手書きで特徴ある文字なので同じものと断定(大げさ!)します。

そして右側の貼り紙。
朝ドラ『スカーレット』第30回から

「型は最新/仕立は/技術本位」と書いてあります。
この貼り紙も『カーネーション』で使用されていました。

ヒロイン糸子が「末松商店」で働く以前に勤務していた「紳士服ロイヤル」です(第34回から)。
朝ドラ『スカーレット』第34回から
朝ドラ『スカーレット』第34回から
こちらの方がより不鮮明な画像で恐縮いたします。
色遣いと文字の配置、そしてはさみのイラストから同じものであると判断するのが妥当です。

PC画面で製作→インクジェットプリントと違い、貼り紙を作るのは手書きで時間がかかったりするので、それはそれで手間がいるはず。
使い回しするのも、紙が傷んだりして扱いが結構大変ではないのかとちょっと心配になったりします。
物を大切にするという心構えから学ぶものは大いにあるなあと感じる次第です。