朝ドラ『まんぷく』に出てくる「七星屋」

シェアする

朝ドラ『まんぷく』に関する超絶マイナーな話です。

以前書いた『まんぷく』「平田洋服店」の平看板。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出てくる看板のことを時々書いてまいりました。 その中でも今日書きます「平田洋服店」の看板についてはかなりマ...

その店舗のとなりにあるたばこ屋の看板文字がさっぱり読めずにおりましたが、昨晩あらためて眺めていると「七星屋」と読めるような気がしてきました。
たばこ屋「七星屋」
「平田洋服店」の手前です。
たばこ屋「七星屋」
店舗正面に位置する看板には、右から左の横書きで「たばこ」「雑貨」と書いてあり、その下に「七星屋」とあるようように見えるのですが。

「朝ドラ」+「七星屋」で検索してみると、『ごちそうさん』第82回で建築家の竹元勇三(演:ムロツヨシさん)が「差し入れだ。七星屋のビフカツサンドだ。うまいぞ~!」と現場に差し入れを持ってくる場面があったのが確認出来ました。
『まんぷく』ではたばこ屋で「七星屋」(たぶん)。店名が「セブンスター」そのものなので、あまり目立たないように映していたのかも、と深読みしてしまったりします。

このたばこ屋のセットは、『まんぷく』の第69回、「たちばな栄養食品販売東京支社」のすぐそばで使われていました。
たばこ屋
「大阪にあったたばこ屋が東京に移転した」わけではありません(笑)。

建物は異なるものに見えるので、カウンターというか、台のみが切り離せるような構造になっているのでしょう。
テントはたばこ屋ではなく、その手前に見えるのでちょっと気になります。
どうなっているのか別の画像を見てみると分かっちゃいました。

「やまね」とポスト
大阪のたばこ屋「七星屋」のテントはどうやらその後「たちばな栄養食品販売東京支社」で使われていたようです(↑同じく第69回放送から)。