おでんの屋台店に置かれた酒瓶(朝ドラ『ちむどんどん』)

シェアする

ドラマの小道具に関する短い記事です。

朝ドラ『ちむどんどん』第42回の静止画像。おでんの屋台店で働くことになったヒロイン暢子(黒島結菜さん)です。日本酒の瓶にご注目を。大きさからすると一升瓶のようです。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
ラベルの箇所を切り取ります。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から「にじいろのしずく」

右上は「純米~」で、中央は「にじいろ●●く」、左は「100%」と書かれています。

前回、東京局で制作された朝ドラ『おかえりモネ』で、これと同じ銘柄の日本酒が映っていました。画像は第66回から。場所は「Jテレ」の局内です。高村沙都子(高岡早紀さん)が持っている、4合瓶くらいの大きさの日本酒です。
朝ドラ『おかえりモネ』第66回から
切り取って補正した画像。
朝ドラ『おかえりモネ』第66回から「にじいろのしずく」
ラベルにあったのは、「にじいろのしずく」「とめにしき100%使用」「限定品」の文字でした。

『ちむどんどん』の「にじいろのしずく」ラベルを再掲。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から「にじいろのしずく」
右の「純米」までがハッキリ見えている文字は、「純米酒」ではなく「純米本醸造」なのだと思われます。『おかえりモネ』ではこの部分が見えなかったので、変な表現ですが、得した気分です。

『ちむどんどん』の屋台店で、「にじいろのしずく」の2本隣の瓶も、『おかえりモネ』出身です(画像は第42回から)。朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
ラベル部分を切り取ります。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
これは『おかえりモネ』で超有名になった「別品」の「別」ですね。

ドラマの小道具で使われた日本酒に関する短い記事です。 朝ドラ『おかえりモネ』第21回から。所用で亮が訪れた酒店です。店内に置いてある酒樽に...

「別品」の「品」の字が見えているシーンがありました(第42回)。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
「にじいろのしずく」の左に並んでいる酒瓶3本です。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
「品」の字が確認出来るので、右から3本目は「別品」で確定です。
右から2本目は「福竹」のような感じですが、やはりハッキリ見えません。
そして、4本目になる左端の瓶には「純米」の文字があります。

別アングルからの静止画像。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
画像がとても小さいのですが、4本並んでいる様子がよく分かります。
朝ドラ『ちむどんどん』第42回から
左端の瓶に注目すると、ラベルには「のんだ」と書かれているのが見て取れます。これは「のんだぜ」等ではなく「のんだくれ」なのでしょう。どストレートなネーミングで実在しそうな感じもしますが、現在市販品にはないようです。コンプライアンス的に問題となってしまうのではと想像します。

以上、おでんの屋台に置かれた酒瓶についてあれこれ書きました。4本のうち2本が『おかえりモネ』から来たということで、おそらくマニアは喜ぶのでしょう。

他(2本)のハッキリ見えない酒瓶についても、何か分かれば追記します。