雑誌「PINE」(朝ドラ『カムカムエヴリバディ』)

シェアする

ドラマの小道具に関する記事です。マニア向け。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から。条映映画の休憩をする部屋です。1983年(昭和58年)の夏。立っている男性は伴虚無蔵役の松重豊さん。右はひなた役の川栄李奈さんです。松重さんの後ろにあるマガジンラックに注目します。朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から
マガジンラックの中でも特にこの赤い文字の雑誌。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から雑誌「PINE」
「PINE」と書いてあります。中でも「P」のフォントは、日本の男性向けファッション雑誌・情報誌「POPEYE」のそれととても似ています。「E」は明らかに違っていますが。

そして、「PINE」の下にある「AIS」の文字を見て「あ!」と言う朝ドラファンが多いのではないかと想像します。
朝ドラ『べっぴんさん』第97回から
この「AIS」は、『べっぴんさん』(2016年度下半期)に登場したアパレルブランド「AIS」に他なりません。画像は第97回から。男性は「AIS」創業者で社長の岩佐栄輔(松下優也さん)。『べっぴんさん』の「AIS」から『カムカムエヴリバディ』へは、土平ドンペイさんが条映映画の轟強監督として来ていますね。

雑誌「PINE」の表紙にある「AIS」の文字の周りには、洋服や靴、鞄などのファッションアイテムが散りばめられていて、当時の「POPEYE」を思わせます。「PINE」はやはり「POPEYE」をイメージした若者向けの雑誌であると理解すべきでしょう。

ちなみに、『スカーレット』では「POPEYE」と似た別の雑誌が使われていました(『スカーレット』第131回から)。場所は、ヒロイン喜美子(戸田恵梨香さん)の一人息子武志(伊藤健太郎さん)が受診する医療機関の待合室。『カムカムエヴリバディ』と同じ1983年(昭和58年)という設定でした。
朝ドラ『スカーレット』第131回から

朝ドラ『スカーレット』第131回から
「POPEYE」と似たフォントで「POP・UBU」でした。特に「POP」の部分は「POPEYE」と激似。

朝ドラの小道具として使われる雑誌についての短い記事です。 『スカーレット』第131回から。病院の待合室に置かれている雑誌にどうしても目が行...

そして、「PINE」は『カムカムエヴリバディ』で新たに作られたのだろう、と予想します。

ただ、この雑誌が「PINE」という名前なのかどうか、やはり疑問に思うのですが。同じ『カムカムエヴリバディ』第75回の静止画像です。朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から
マガジンラックの雑誌を切り取りました。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から

白くて幅の広い本の真ん中より少しだけ左寄りに「P」の字が来ているので、「(深)層秘実」の下に隠れて見えない左部分に2文字程度あるのではないかと。もしあれば「PO」と入って雑誌名は「POPINE」が有力だと考えるのですがどうでしょうか。

ちなみに、「深層秘実」の左は「週刊ウォッチャー」で、そしてその「週刊ウォッチャー」の下にある雑誌にご注目ください。左端がちょこっとだけ見えている雑誌。

そうです、これはあの「マー」なのです。『スカーレット』で喫茶サニーにあった「ムー」を模して作られた雑誌(『スカーレット』第126回から)。
朝ドラ『スカーレット』第126回
「マー」を切り取り、回転させました。
朝ドラ『スカーレット』第126回から「マー」
『カムカムエヴリバディ』のマガジンラック画像を再掲。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第75回から

グラデーションのある紫色の背景と、雑誌の号数らしき「1」の字、そして黄色い文字が同じです。『スカーレット』で使われた「マー」で間違いないでしょう。
実に「マニア」向けの記事でありました。。


追記です。
雑誌名は「PINE」/「パイン」でした。画像は第76回から。条映映画の榊原(平埜生成さん)と話をする女優・美咲すみれ(安達祐実さん)の後にある「PINE」を切り取ります。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第76回から

「PINE」の横に書かれていたのは「パイン」でした。「パイン」の下は「創刊号」、あるいは「増刊号」でしょうか。
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第76回から
いずれにしても、この「POPEYE」と非常に似た雑誌の名前は「PINE」/「パイン」で決まりです。

(2022年2月17日追記)


追記です。
『まんぷく』で使われているのが判明しました。画像は第148回からです。
朝ドラ『まんぷく』第148回から
ピントが合っていなくて、赤い文字は「NE」しか見えていませんが、同じ「PINE」だと判断出来ます。
『カムカムエヴリバディ』よりも先に『まんぷく』で使われていたのでした。
(2022年3月2日追記)