NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』のロケ地

シェアする

ドラマのロケ地に関する短い記事です。

NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』(BS4Kで2023年3月20日に前後編全2回放送・BSプレミアムで同6月10日・17日に前後編放送予定)のロケ地を調べてみました。
画像は前編冒頭の事故現場です。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
ヒントになりそうなのは内照式の「めがねバザール」看板。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
赤いフチのある「Mix Price」の看板は、「Max Valu」のような感じです。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
御殿場市でロケが行われたという情報があったのでGoogleストリートビューで見に行ったところ、すぐに場所が特定出来ました。

「めがねバザール」は「メガネスーパー」で、「Mix Price」はやはり「Max Valu」がもともとの看板でした。CGできれいに合成されていて、全く違和感がありません。

また、「花江中央総合病院」は埼玉県久喜市にある「東鷲宮病院」でした(『天使の耳〜交通警察の夜』前編から)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から

そして、主人公たちが勤務する所轄署の警察本部は旧茨城県庁(三の丸庁舎・現茨城県総務部 管財課三の丸庁舎分室)です。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
こちらのブログを参考にさせていただきました(↓)。

昭和5年に竣工した旧茨城県庁は、外観も素敵な重厚な作りですね。写真は、開設当初の県庁です(三の丸の70年より)。その旧県庁の中に入ると、正面の階段の立派さ...

所轄署の外観です。警察本部と同様に旧茨城県庁(三の丸庁舎)みたいです。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から

やはり旧茨城県庁(三の丸庁舎)を使用しての撮影でした。

『天使の耳〜交通警察の夜』で撮影が行われた他の場所が分かれば追記します。


後編で映っていた屋上の場面も茨城県庁での撮影でした。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から

Googleの航空写真です(↓)。ドラマでは屋上がきれいに塗装されているように見えるのですが、航空写真を見ると施工前なので、塗装工事はわりと最近だったようです。

(2023年6月18日追記)


さらに追記します。
事故現場そばの歩道に目撃情報を募る看板を設置するのは陣内まどか(小芝風花さん)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
道路の向こうにある店舗はミートショップ「ニクマル」です。

Googleストリートビューで見ると、「ミートぴあホートク東田中店」さんでした。

「ニクマル」の看板もきっとCGで描いたのだと思います(ホンモノを使っていたのでしたらごめんなさい)。

そして、問題の時計(『天使の耳〜交通警察の夜』前編から)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
ミートショップ「ニクマル」の駐車場を表示する看板に設置されていたのでした。

実際の「ミートぴあホートク」さんの駐車場看板です。

時計はありません。ドラマの為に取り付けられたと考えるべきでしょう。

ちなみに、ちらっと映っていた緑色の看板には「AMAZONIA」の文字が。左は事故車両に同乗していた畑山瑠美子(足立梨花さん)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
実際に御殿場市のこの場所にある看板は、「ETERNA」さんの看板でした。背景色は同じかなと思われます。

一方、前編の後半から映るようになったこの公園。ここも御殿場市です。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
ヒントになったのは後ろに見えるいかにも「ケーズデンキ」に見える看板(ク〇ハデンキに変えられています)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
映っていたのは「ケーズデンキ御殿場店」でした。

よって公園は「御殿場市中央公園」と判明です。

(2023年7月1日追記)


子どもの頃のまどかが極めて乱暴な運転をする自動車に轢かれそうになった横断歩道も御殿場市でした(前編から)。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』前編から
なんと御殿場市役所の真ん前です。

後編で映っていたバッティングセンターは、「バッティングプラザ大泉」(東京都練馬区大泉学園町3-19-13)です。
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』後編から
NHKドラマ『天使の耳〜交通警察の夜』後編から

(2023年7月5日追記)