「東京帝国音楽学校」の窓(朝ドラ『エール』)

シェアする

東京で制作される朝ドラのセットにある窓に関する短い記事です。

『エール』第33回から。ヒロイン音(演:二階堂ふみさん)が通う「東京帝国音楽学校」にある教室です。今まさにヴィオレッタ役(鷹ノ塚記念講演「椿姫」のプリマドンナ)を決める選考会が始まろうとしている時に、遅れた音が教室に入ってきたところ。
朝ドラ『エール』第35回から

ここで話題にしたいのがドアの外に見えるこの廊下にある窓です。
朝ドラ『エール』第35回から

斜めになった網目により、縦長の菱形が横に4個、縦に9個あるような形状になっています。窓は2組。

同じ窓が、『ひよっこ』にありました。場所はヒロインみね子(演:有村架純さん)が働くすずふり亭からそう遠くない場所にある「喫茶白猫」です(『ひよっこ』第70回から)。
朝ドラ『ひよっこ』第70回から

同じ形状の窓が2組あるのがご確認出来るかと。菱形の数も合っています。

この窓は『花子とアン』でも見ることが出来ます(『花子とアン』第8回および第9回から)。
皆で食事をしたりする場所なのでしょうか。教室とは趣が違うようです。
朝ドラ『花子とアン』第8回から
朝ドラ『花子とアン』第9から
菱形の数(縦9×横4がぴったり)は合っていますね(笑)。

そして、『ゲゲゲの女房』でも使用されていたようです(『ゲゲゲの女房』第113回から)。
朝ドラ『ゲゲゲの女房』第113回から

ちらっとしか映っていないものの、一応菱形の数(縦9×横4がぴったり)は合っています。
また見づらいのですが、金具の形状と位置もとても似ているので、おそらく同じものであろうと思われます。
男性は漫画雑誌「ゼタ」を出している三海社を経営する深沢洋一(演:村上弘明さん)。確か大手出版社との合併に関する話をした後、深酒しているのでした。この場所は『ゲゲゲの女房』ではこれ一回きりだったはずです。

複数の朝ドラで使用されてきたこの窓は、非常にシンプルなデザインで、それでいて高級感があるように見えます。
これだけたくさんの番組で使われているということは、東京制作の朝ドラでは定番の窓なのでしょう。
他の朝ドラで使用されたのが分かればここに追記します。