「釉薬は流さないで下さい!」貼り紙(朝ドラ『スカーレット』)

シェアする

ドラマで使用された貼り紙に関するごく短い記事です。

朝ドラ『スカーレット』第127回の一場面。ヒロイン喜美子の一人息子である武志(演:伊藤健太郎さん)が働く信楽窯業研究所の一室です。
窓に右にある貼り紙に書かれている文字が気になっていました(第127回から)。
朝ドラ『スカーレット』第127回から
朝ドラ『スカーレット』第127回から
「手洗い専用」と書かれていて、「流さないで下さい!」の文字が確認出来ます。
しかし何を水道に流してはいけないのか。肝心な部分が見えないのです。

『スカーレット』第132回のおしまい部分にあった翌第23週の予告篇からの画像です。
朝ドラ『スカーレット』第23週予告編から

朝ドラ『スカーレット』第23週予告編から
貼り紙には、
「手洗い専用
釉薬は
流さないで下さい!
研修室管理者」
と書いてあります。
やっぱりという感じですが、流してはいけないのは「釉薬」でした。

全然詳しくないのですが、ネットで調べてみると、釉薬には人体に有害な物質が含ま

ちなみに同じ部屋にあるこの水道には釉薬を流してはいけない旨の貼り紙がありません(『スカーレット』第128回から)。ちゃんとした設備が整っていて、ここでは流してもよいという設定になっているのかも知れませんね。
朝ドラ『スカーレット』第128回から

釉薬に関する貼り紙は、『スカーレット』で別の回にありました(第44回から)。
照子(演:大島優子さん)の右手に見えているものです。
『スカーレット』第44回から

食堂デ釉薬ヲ洗ウナ!」と書かれています。
場所は丸熊陶業の社員食堂でした。