使い回しされる看板(大阪制作の朝ドラ)8

シェアする

また朝ドラのセットで使用された看板に関する超マイナーな話です。

朝ドラ『スカーレット』第28回から
『スカーレット』第28回からの画像です。

右に見える看板には、「おもひでいつまでも/光陰寫眞舘」と書いてあります。
向かいにある「ろーず」、その並びの「鈴木商店」、そして正面奥にある「しまみや洋品店」の看板は、それぞれ過去の朝ドラで使用された看板を書き換えることにより新たに命を吹き込まれたものです。

「光陰寫眞舘」の看板は、『カーネーション』第1回で別の看板として登場していました。左に見える「境屋本舗」というたばこ店です(『カーネーション』第1回から)。
『カーネーション』第1回から
『カーネーション』第1回から「境屋本舗」看板

横長の「凸」の形をした看板で、上の出っ張った部分の縦横比、それの看板全体に占める割合や柱の装飾から同じものであると考えられます。
左右の看板がないのはそういうバージョンだからでしょう。
おそらく他の朝ドラにも登場しているはず。引き続き調べておきます。